フォト

最近のトラックバック

« 今月のちょこちょこ | トップページ | 革 »

2017年8月 3日 (木)

身代わり

20170803_215402

 欲も得もなく眠る「くま(仮名)」さん。今宵こうして彼女の寝顔を見ることができたことを感謝せずにはいられません。

 感謝する相手は、ご先祖様と、ここ数年の相棒である刈払機。今の職場に来てすぐに中古で手に入れた、SRE2310という機械ですが、名機だと思っています。ここのところはずっとその機械を相棒に、果てしない草の海が広がる法面と格闘しておりました。そして今日も、朝から法面に張り付いて、まずは用水路の際に生えた草を、落とさないようにすくい上げるようにしながら刈っていたのです。

20170803_125438

 これと行って危険を感じるような場面ではありませんでした。用水路の方へと落ち込んでいる葛を法面の方へすくい上げて、それから断ち切るという作業を続けていただけです。もう何日も続けている作業ですし、視界も足場も良く、近くに障害物もなく、なんの危険も感じることはありませんでした。腰を落として、垂れ下がっている葛の蔓をすくい上げ、よいしょっと持ち上げたその刹那、「あ、抜けた」と思いました。

20170803_125427

 右手はしっかりと機械を保持していましたが、左手にはハンドルのみ。写真のボルトが緩んでハンドルが抜けたのだと思ったのですが、ぽっきりと折れておりました。折れたと言うよりも、むしろ、ちぎれた、というべきかもしれません。

 中古で手に入れた機械ですし、そもそも山林の下刈りなどに使う機械ではアルミではなくジュラルミンが使われるような部分です。数年間の酷使が祟って金属疲労が進んで折れたといえばそれだけの話です。

20170803_125419

 何ら危険は感じませんでしたが、これはきっと、この機会が身代わりになってくれたのだ、と思いました。ですのですぐにエンジンを止め、その場から撤収しました。あと数メートル刈り進めたならば、とりあえずの目標としているところまで刈り終えることができる、という状況でしたし、替えの機械もありますけれど、今日の作業はここで取りやめにしました。

 この相棒には新しいハンドルを買ってやることにしましょう。最近はエンジンの回転が落ち着かないこともあるので、キャブレターもオーバーホールしてあげることにしましょう。どんな危険が口を開けて待っていたのか、それはわかりませんけれど、私の身代わりになって痛い思いをしてくれた相棒とご先祖に、かさねて感謝、です。

« 今月のちょこちょこ | トップページ | 革 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65617275

この記事へのトラックバック一覧です: 身代わり:

« 今月のちょこちょこ | トップページ | 革 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30