フォト

最近のトラックバック

« y.y.Day 8th 大盛況でした。ありがとうございます。 | トップページ | 黒歴史 »

2017年7月17日 (月)

海の日

20170714_060714

 夏の海 ひねもすまたり またりかな(憮然)

 本日の飼い主は、いつものことではありますけれど、「くま(仮名)」さんと同様、1日無駄に過ごしました。y.y.Dayが終わって、2次会、3次会と進んで午後10時過ぎ。親方ご帰館を他の人に任せて、私は会場から出たゴミを積んで帰宅です。これまでの7回は、トランク一杯の段ボール箱と親方を乗せて尼崎工業大学本部へ、というコースでした。今回はぺちゃんこになった段ボールと、会場から出たお菓子の包み紙などのゴミばかり。感慨無量です。

 電気グルーヴにピエール瀧という人がいて、PVなどを見ると、一体この人、グループ内で何やってるんだろう、何もしてないよね、という感じです。その人が番組の企画か何かで、私と同じ車をもらえることになって、何色がいいという問いに、「瀧」だからウォーターフォールブルーで、と答えたのだそうです。グループ内で何にもしてないように見えるところとか、同じ色の同車種に乗ってるところとか、かぶってるので、y.y.Pen倶楽部のピエール瀧と自称している私です。

20170718_000003

 y.y.Dayと言えばこれですね。毎年、親方の知識と見識、そしてセンスによって仕様が決定し、つくられるy.y.Penの、数えて第8号です。親方の手元には世に出すことのできない仕様の零号というものもありますが、ネット上にその全貌が出ることはありません。もし運がよければ、WAGNER会場などで見せてもらえるかもしれない、というものです。

 今年は例年にも増して、「わぁ、かっこいい」という評判でした。昨年度の7号機とは色違いですが、黒はともかく、赤色のマット軸というのはほとんどないでしょう。

20170717_235941

 歴代のy.y.Pen。5号まではマットギャザード軸でしたが、6号から吸入式のレアロ仕様となり、ギャザードではなくなりました。何も知らずに見ると、6号からは毎年色違いなだけなのかと思ってしまいますが、実際にはそうでないところがy.y.Penの凄いところです。

 色違いというのは7号と8号だけ、と言ってよいのです。6号とそれ以降との違いは何か、などということは、私や親方が参加するWAGNER会場などで確かめてください。そして、来年登場するy.y.Pen9号は、さらに魅力的なものになるはずですから、今から貯金です。

20170717_235808

 そして、歴代のy.y.Penを収めるケースは、この日のために新調していただいたもの。四に猫柄の布は数あれど、ワンコ柄というものは意外に少ないもの。それを青海波という日本の伝統柄と合わせたこの意匠、素晴らしい生地ではありませんか。それを手先の器用なポーさんが素敵なペンケースに仕上げてくださいました。わざと引きで撮っていますが、ボタンにも注目、ですよ。

« y.y.Day 8th 大盛況でした。ありがとうございます。 | トップページ | 黒歴史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65548146

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日:

« y.y.Day 8th 大盛況でした。ありがとうございます。 | トップページ | 黒歴史 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30