フォト

最近のトラックバック

« 人に言えない | トップページ | 食 »

2017年6月27日 (火)

紙に書く

20170628_003540

 もふもふの白い毛を柵にくい込ませながらまどろむ「ちち(仮名)」さん。眠たいときはどうすることもできないようです。最近では、古紙混入率の高いもの、漂白度の低いものが良しとされる傾向のある「紙」ですが、やはり紙といえば白いもの、というのが普通でしょう。

 私の勤め先では、設置者である市を挙げて黒っぽい、汚いコピー用紙を使っています。実のところ、真っ白で見た目にも気持ちのいいコピー用紙より値段が高いこともあるのですが、真っ白な紙を使っていると市民からクレームが来ますので、あえて黒っぽい、いかにも再生紙ですよといった「演出」がされた紙を使っているのです。そしてこれが、萬年筆とは猛烈に相性が悪い紙なので、正直、職場では萬年筆を使いたくないのです。

20170628_003305

 それでもやっぱり、1日の大半を過ごす職場で萬年筆が使えないのは難儀なので、どす黒いコピー用紙の繊維質を巻き込まないよう、ヌラヌラに調整してもらったペンを使ったりするわけですが、そうすると今度は盛大に滲むとか、乾かないうちにこすれてしまってもともと判読しずらい文字にとどめを刺してしまうとか、そういう問題が出てきます。

 写真の手帳も、システム手帳ブームが去った頃、徒花のように世に出たスリムタイプ6穴のもの。最近ではこれに合うリフィルを見つけるのも難しくなりつつあるように思いますが、こういうのに使われているリフィルは書き味も見た目も良好ですので、萬年筆との相性もバッチリです。

20170628_003431

 いかに萬年筆と相性のいい紙でも、そして最高の調整師に触ってもらった上等な萬年筆を使っても、結局最後は笑われます。トランペットを吹いていた森田一義さんに対して先輩が言ったという一言、「お前のトランペットは笑っている」というのを思い出します。

 さらさらっと書いても風格や味わいのある文字を書く人が羨ましい。自分の書いた文字には嫌悪感を覚えます。明石家さんま師匠の言い方を借りれば、あかん文字やと思うのは、うぬぼれているからや、ということになりますが、どれだけ謙虚にしていてもこの文字は恥ずかしい。そして何より、それにもかかわらず字を書く練習をしようなどと思わないところがもっと恥ずかしいです。

 6月もあと3日を残すのみ。第8回のy.y.Day開催まで、あと3週間ちょっとになりました。例によって、ここで宣伝させていただいている私は、今年の中身をほとんど知りません。それなのにこうして宣伝している、それがy.y.Pen倶楽部のオモロいところです。そんなオモロいオッサンやお姉さんがお待ちしておりますので、7月16日は是非エル・おおさかへ。

20170628_003459

« 人に言えない | トップページ | 食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65466322

この記事へのトラックバック一覧です: 紙に書く:

« 人に言えない | トップページ | 食 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31