フォト

最近のトラックバック

« 一発逆転 | トップページ | はじまり »

2017年3月30日 (木)

ご親戚の方ですか?

20170331_020611

 餌を変えても痒みが止まらない「ちち(仮名)」さん。どうやらアトピー性のものということが確定的になってきました。アレルゲンになり得るものを片っ端から検査するという方法もあるのですが、これだ、と確定できる可能性はかなり低いのだそうです。

 かく言う飼い主も、体中が痒くてたまらないとお医者様に駆け込んで、それこそあらゆるものを検査してもらいましたけれど、どれも原因物質ではなさそうだということで、結局は痒みを抑える薬をもらって帰ってきた、という経験があります。痒みというのは痛みなので、本人(犬)にとってはなかなか辛いものでしょう。飼い主もあちこち掻きむしってはシャツを血で汚し、妻に叱られるということを繰り返しております。お金がない、センスもないのが第一ですが、そんな風にしてあらゆる服をだめにしてしまうので、安物の服しか着ることができないのです。

20170325_132623

 先日、羊さんに会いに行ったときに出ていた移動販売車。のぼりの文字は、私が大嫌いな「肉」まんとなっておりますが、いや、これは許してもよさそうです。

 肉まんの中身は「しし肉」、すなわち豬の肉と野菜を混ぜたものです。豚まんと言ってしまうと詐欺になってしまいますから、仕方がないことです。

20170325_132719
 肉や野菜は大きめに刻んでありました。猪のお肉は脂がのっていて実においしいものですが、こうやって肉まんにしてしまうと、さほど強烈な個性を感じるわけでもありません。私は味覚もダメですから、おいしいとかおいしくないとか言うことはできませんけれど、豚まんの親戚にしてはもう少しの頑張りを期待したいところです。

« 一発逆転 | トップページ | はじまり »

コメント

最近のイノシシはイノブタ化しているともいわれているので、あながち豚まんでも間違いではないのでは?
中国語ではどちらも豚だったかしらん(^_^;)

 くーべ さん

 豚と化しつつある豬ですかぁ。銃で撃たれた猪が、
死に際に「大根と一緒に喰ってくれ」と言い残すと
いう話が好きでしたが、豚に近づいた猪は死に際に
何と言い残すのでしょうか。

中国語だと、豚は猪。猪は野猪なんだそうな。

 くーべ さん

 猪八戒ってのも、まんま豚でしたものね。中国では脂っこい
料理もへっちゃらでしょうから、野豬は死に際に特段何も言う
ことはないのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65087688

この記事へのトラックバック一覧です: ご親戚の方ですか?:

« 一発逆転 | トップページ | はじまり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31