フォト

最近のトラックバック

« 鉄分多め | トップページ | 入れ子 »

2017年1月 9日 (月)

昔話

20170110_054048

 こたつで自然死した飼い主が目を覚ますと、ワンコたちは申し合わせたようにこの姿勢で寝ておりました。飼い主が寝ている間にファンヒーターもホットカーペットも切れて、部屋の温度がぐんと下がったので、いつものようにだら~んと伸びて寝ているわけにいかなかったのでしょう。

 5年前に卒業させた子どもたちが成人式を迎え、同窓会をしたいということでしたので、どれどれと行って来ました。在学中はそれぞれに名を売ったというか、手こずらせてくれた皆さんでしたが、父や母になった人もいれば、自分の夢を実現するために精進している人もいて、皆それぞれにしっかりと大人になっておりました。この稼業は、こういうときが一番嬉しいのです。

15871485_1208594202550908_272104069

 間近に迫ってきた神戸ペンショウ2016。写真はさまざまなイヴェントの内、y.y.Pen倶楽部が主体となって行うものについての告知です。かつてはエッシェンバッハの23ミリ径12倍のルーペがもてはやされていたのですが、品質の良さは当然として、そのお値段も気になるところでした。そこへ、それこそ彗星のごとく現れたのがベラルーシ(白ロシア)のベロモ社製、倍率10倍のルーペです。

 分解してレンズを取り出すとわかるように、レンズの端面が素のままですので、覗いてみると光が反射して非常に見づらいルーペです。これを黒く塗り、さらには品質のよろしくない締め付けネジ周りを改良(取り替え)すると、とても素敵なルーペが安価に手に入る、というわけです。

20170110_054217

 そうは言ってもこの改造、工具や部品はもとより、ノウハウと技術力が必要で、誰にでも簡単にできるものではありません。私などもBlogネタとしてやってみたいなぁと一瞬思ったものの、体験談を聞いて諦めました。それを「専門家」の手ほどきにより体験できて、手元には使い物になるルーペが残る、という素敵な企画が、ベラルーシー・ショーなのです。

 ちなみに、チラシではベラ・ルーシ・ショーとなっていますが、元ネタがかの有名なドタバタドラマ、ザ・ルーシー・ショーなので、ベラルーシー・ショーと言っていただきたいのが本当のところです。私などは再放送を見ていたクチですけれど、これとか奥様は魔女とか、そういうのを見て、アメリカの家庭生活についてのイメージが作られた、という人も少なくないのではないかと思います。

556145b5

« 鉄分多め | トップページ | 入れ子 »

コメント

今ではあたりまえですが、台詞をいうと、背後で笑い声が起こる・・・というのが実に斬新でした。
日本にはそういう作りの番組は無かったので。

 pelikan_1931師匠

 子どもの頃、何にもわかってない私は、この手の笑いを聞いて、一体どこで、誰が笑ってるのだろう、などと真剣に考えたことがありました。

 ほれ、早く起きないとラリーがコーヒー飲みに来るよ、ですとか、このオバハン(ルーシー)、また何かやりよるでぇ、という感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040573

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 鉄分多め | トップページ | 入れ子 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30