フォト

最近のトラックバック

« 法事 | トップページ | 座右の銘 »

2016年10月17日 (月)

CMS

20161015_234227

 長男の徒然に餌鉢をかぶせられた「くま(仮名)」さん。すぐに振り落とすわけでもなく、難儀やなぁ、という顔で長男を見ています。長男がまだ少年と言うべき年齢だった頃からのおつきあいなので、まぁこれくらいのことは想定内、ということなのでしょう。

 週明けの今日は、朝からアレをしてコレをやっつけて・・・・・といろいろ計画を持って出勤したのですけれど、朝一番に校長から「これ、できました。」と巻紙のようなものを手渡されました。A4用紙6枚にわたるWORD文書を長くつないだもので、このイメージでWebページに公開して欲しい、というご要望でした。

 校長は何でもできる人なので、Webページのコンテンツなんぞあっという間に作ってしまえるのですが、今回は内容を練り上げる必要があったためか、WORDで「下書き」をされたのでした。

Houshosi1

 紙の上でそれを見ていますと、実によくできたコンテンツです。WORDの機能をフルに使い、適度に、かつ目をひく装飾が施されています。しかしながら、これをWeb上に再現するのは至難の業です。

 学校のWebページを作成すること自体はとっても簡単で、市教委が全権を掌握しているCMSにログインしてポチポチとワープロ感覚で打ち込んでいくだけです。画像をあげれば適当に調整してくれますし、ややこしいものはPDFファイルにアップロードしたものにリンクを張っておけばOKです。

 しかし、WORDで美麗に作られたものをそっくりそのままWeb上に再現するのは、簡単なように思えてけっこう難しいものでした。

Nlg048

 使っているシステムはこういうもので、作成者はただただ文字を打ち込み、画像を貼り付けるだけ。とっても楽ちんですが、少し込み入ったことをやろうとすると壁にぶち当たります。

 WORDのファイルをそのままhtmlに変換しても、もとが美麗な文書なのでレイアウトが崩れて使い物になりません。html編集モードにして、ソースを貼り付ける、というのも試してみましたが、これかな、とソースをいじってもうまく反映されないところが残って、不細工なページになってしまいます。

 そのまま貼り付けることができるのは画像とファイルへのリンクだけなので、WORD文書をPDFに変換してからJPEG画像を生成し、サイズを落としてから貼り付けます。PDFファイルをサーヴァにアップロードしてそのURLを取得し、先に貼った画像にリンクを設定する、という方法を会得するまで数ヶ月かかりました。私の力量ではWebのコンテンツとしてそのままPDFを置くことはできません。もしそれができるのだとしても、マニュアルに記載がありませんから、どうすることもできないのです。

Htmltable7

 スマートな解決策がないのなら、力尽くで何とかするしかありません。結局はページの幅いっぱい、6行のテーブルを設置して、その中にWORD文書の各ページを画像化したものを順番に収めていきました。

 これでいいのだ、と喜んでいたら、あろうことか、ページの中にハイパーリンクのボタンがありました。ならばボタンの画像をこしらえて元の画像に被せ、そこにリンクを張ればよい、と思いましたが、何度試しても画像の重ね合わせが拒否されてしまいます。

 仕方がないので、やはり力尽くと諦めて、ボタンの描かれているページの画像にリンクを張りました。見ている人は、ボタンを押しているつもりで画像全体を押していることになります。実に不細工ですが、有効な解決策が見つかるまで、この不細工なページ構成でしのぐしかありません。

« 法事 | トップページ | 座右の銘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040488

この記事へのトラックバック一覧です: CMS:

« 法事 | トップページ | 座右の銘 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31