フォト

最近のトラックバック

« 700本超 | トップページ | 来日記念 »

2016年9月22日 (木)

あんぷ

20160922_023242

 からだの構造上、仕方なくこうなるのでしょうが、「くま(仮名)」さんの寝姿には面白いものが数多くあります。お彼岸の日に「恨めしやぁ」でもないだろうと思います。

 お彼岸といえば墓参り。我が家のお墓は高野山の奥の院にありますので、年に数回のお墓詣りは本当に大変です。電車で行く場合、何となく駅まで行って電車を待つ、なんてことをすると、運が悪ければ4時間ぐらいかかります。なので、しっかり調べて乗り継ぎのタイミングを合わせて家を出ないといけません。

 けれども、今日の高野山、下手をすると雷雨になるかもしれない、という天気予報でしたので、ゆったり電車の中で寝ていくことをあきらめて車での墓参としました。お彼岸の日に高野山まで車で行く、というのは悪夢でしかありませんので、メインストリートを外れて裏道を抜けていきます。

20160922_202123

 お土産に買ってきたのがこちら。笹の葉でくるまれた和菓子で、生麩の中に餡が入っています。高野山は精進料理の本場ですが、使われる食材の中でも胡麻豆腐と生麩は大好物。夕食はコッペパン、とわかっていましたので和ええて胡麻豆腐を買わず、こちらの和菓子を求めました。

20160922_202336

 子供用の包丁で二つに切っているところ。大きさ比較用の萬年筆を置き忘れましたが、大きさとしては500円玉を回転させてできる球ぐらいです。

 あまりにも生麩がもっちりしているので、なかなか切れません。生麩自体は癖がなく、単にもっちりとした食感が特徴です。中に入っている餡も上品な甘さで、甘いものが苦手な私でもどんどんいけます。

20160922_202349

 高野山内で観光される場合、ほとんどの人が刈萱堂へ行かれると思いますが、このお菓子を扱っているお店は刈萱堂の真正面にあります。生のもののほか、冷凍されたものもありますから、遠方まで持ち帰る場合も大丈夫です。

 肝心の墓参のほうは、行きこそ裏道作戦が当たってスムーズに到達できましたが、帰りはどこへ行ってもノロノロ運転の山で、気の短い私でもあきらめておとなしくするしかありませんでした。お休みの日だけに車を動かす方にお願いしたいことは、とにかく普通に、制限速度あたりのスピードで流れに乗って走っていただきたい、ということだけですね。

20160922_233004

« 700本超 | トップページ | 来日記念 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040463

この記事へのトラックバック一覧です: あんぷ:

« 700本超 | トップページ | 来日記念 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30