フォト

最近のトラックバック

« 洗浄開始 | トップページ | 端々に »

2016年8月 5日 (金)

洗浄終了

20160709_211344

 飼主に向かってお座りをしている「ちち(仮名)」さん。「くま(仮名)」さんが背後で「どやっ!」とやっているので、ここは一発飼い主の気をひいて逆転しようという腹づもりのようです。同性の犬を多頭飼いするとうまくいかないと言われつつ、室内で柴犬の雄を飼うと家を潰されると思ってあえて雌2頭にしたのですが、この2頭の相性はさほど良くなかったようです。

 若くて体も大きな「ちち(仮名)」さんは、自分こそがナンバー6だと思っているようですが、老獪な「くま(仮名)」さんのこと、そう思わせておいておいしいところは全部自分が・・・・・という作戦のようです。

20160805_220136

 ペン先とペン芯は引き抜いて台所用洗剤で洗い、赤みを消すことができましたが、さらに分解を続けて、こんなところまで赤インクが入り込んでいたことを知りました。これも同じように台所用洗剤で洗えばよいのでしょうが、胴軸側は革を巻いていますからやたらと濡らすわけにもいきません。

 インクタンクになっている部分は、一晩ライニガー洗浄液を満たしておいたこともあってか、紙で内壁をこすってみても赤い色はほとんどつきませんでした。ティッシュペーパーだとちぎれて内部に残ってしまう危険がありますので、こういうときはキッチンペーパーが便利です。

20160805_220738

 胴軸のネジを切ってある部分については、綿棒に洗浄液を染みこませたものでひたすらごしごしこすることにより、ある程度まで綺麗にすることができました。完全とはいきませんが、しつこい赤インクですから、この程度まで落とすことができれば御の字です。

 最後は、これまたキッチンペーパーで作ったこよりで内側をこすり、赤いいろがほとんどつかなかったので終了としました。不器用な私が深追いすると萬年筆を壊してしまいます。

20160805_221717

 まずまずの仕上がりです。写真を撮るのを失念しましたが、ペン芯も相当に汚れていて、一部固形化した汚れも見られました。最大限に注意したものの、不器用さでは右に出るものがない私のこと故、胴軸に巻いた革がしっとりと濡れてしまいました。しかしこれも、乾いたらどうなるのか、あたらしい知見を得るチャンスです。何事も経験です。

20160805_221946

« 洗浄開始 | トップページ | 端々に »

コメント

子どもの頃からよく鼻血を出していたせいか、ティッシュ(写真はキッチンペーパーですが)に赤い染みが付いているのを見るととドキッとするんですよねぇ…トラウマなんですかねぇ。ああ、今回の内容とは何も関係ないですねぇ(笑)。

 すいどう さん

 私も子どもの頃良く鼻血を出していまして、「のぼせとるんじゃ」と叱られることが多かったのを良く覚えています。
 大人になってからはちょくちょく大出血しますので、今でも鼻水が鼻孔を通る感触にどきっとすることが多いです。
 夏の軽装時でも、シャツの胸ポケットにはティッシュと女性がお化粧落としに使うコットンを何枚か、常に入れてます。鼻血が出たら即拭いて、コットンを詰めるためですが、不思議なことに忘れて出かけたときに限って鼻血が出るのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040412

この記事へのトラックバック一覧です: 洗浄終了:

« 洗浄開始 | トップページ | 端々に »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30