フォト

最近のトラックバック

« ノート・1 | トップページ | つられる人 »

2016年7月 7日 (木)

天の側

20160706_223126

 おやつを楽しむ「くま(仮名)」さん。腰を据えてじっくり、というワンコでは普通の光景です。彼女の場合、年の功と言うべきか、一瞬で粉砕してしまえるおやつでもじっくりと時間をかけて食べていきます。「ちち(仮名)」さんが与えられた次の瞬間に完食してしまっているのとは大きく違います。けれど、若い頃は彼女もまた、一瞬で食べ尽くしていたものでした。

20160707_191331

 天窓くん零號機、動作部のアップです。角材に丸い断面のゴムキャップをはめているため、すでに亀裂が入っています。天窓の開け閉めを効率化するツール、それが天窓くんですが、角材に金具を付け、ゴムキャップをはめてから手に馴染むように面取りしたので、文字通り荒削りな外観です。

20160707_102133

 そこで、零號機は欲しいと言ってくれる同僚に払い下げ、初號機は丸棒を素材に作成することにしました。丸い棒に平らな金具をどうやって取り付けるのが良いのか、と考えた結果、実にありふれた結論に達しました。

20160707_102307

 丸棒に切り込みを入れ、やすりで削って金具の幅に合う平面を作る、ただそれだけです。丸棒なので手に持ったときに角があたるということもなく、握り心地は最高・・・・・になるはずでしたが、金具の大きさを優先して丸棒の径を決めたので、やや太めになってしまい、思ったほどは握り心地が良くありませんでした。

20160707_120504

 ならば弐號機です。今回は檜の角材をあらかじめ面取りして使います。初號機での経験から、金具を埋め込むと見た目が良くなることがわかりましたので、金具を収める凹部を設けました。檜ですので香りが良く、適度な重さで持ちやすく仕上がりました。

20160707_185951

 あ、天窓が開いてる・・・・・というときは、先端のゴムキャップを押し当てて窓そのものを閉めます。写真は零號機での実践風景ですが、この程度の高さの窓ならば、手を伸ばせば窓枠に届きます。私の職場にはこれより高い位置の天窓があって、しかもそれを開けてくれる生徒がいるのです。

20160707_1900301

 窓を閉じることができたら、クレセントを押し上げて完了です。そう、金具はクレセントに引っかけて下ろすためのもので、戸締まりには不要です。けれど、こういう道具を作って学級担任にプレゼントしておくと、暑い日の朝、天窓を易々と開けて、帰りには閉めてもらえる、ということを期待できます。

20160707_193057

 体育館の戸締まりでは、腰をかがめて一つ一つの掃き出し窓が閉まっているかどうかを確認しなければなりませんが、天窓くんがあれば、こうして窓枠を押して動かなければOK。腰痛持ちの私には最適のツールです。

20160707_192631

 これは正しくない使い方です。確かに楽ちんなのですが、本来手で押すことが想定されているスイッチを手から遠く離れた棒の先で押すというのはトラブルの元になります。このツールを見たさる保護者は「何と横着な!」とあきれてらっしゃいましたが、こういう使い方はまさしく横着です。

 けれども、広大な校舎の中、星の数ほどある天窓(大げさ)を、いちいちジャンプして閉めていては身がもちません。道具は使いようなのです。

20160707_104011_2

« ノート・1 | トップページ | つられる人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040383

この記事へのトラックバック一覧です: 天の側:

« ノート・1 | トップページ | つられる人 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31