フォト

最近のトラックバック

« ツリーハウス | トップページ | 宿題 »

2016年7月29日 (金)

太陽の恵み

20160722_195854

 油断していると、こうして人間様の寝具で寝てしまう「ちち(仮名)」さん。我が家のワンコたちは、アクリル毛布の感触が好きで仕方ないようです。

 我が家はそもそもエアコン無しの生活が基本でしたが、妻のお腹に長男が宿ってからはエアコン無しで夏を越すことができなくなり、以来、エアコンにどっぷりつかる生活が続いています。ですから、「今夜は寝苦しい夜になるでしょう」と天気予報で聞いても気にならないのです。その代わり、自然死してしまったときに寒さで目覚めることもあるので、こんな季節でも手近に毛布を置いてあるのです。本末転倒ですね。

20160729_160157

 今朝出勤してみると、職員室は寒いくらいの快適空間でした。エアコンを片っ端から30度超に設定する迷惑きわまりない同僚が不在のようです。そもそもエアコンを使うなら26度あたりがほとんどの人にとって過ごしやすいはずなのに、「エアコンの設定温度は28度」というのを誰一人疑問に思わない、私はそれが疑問です。26度の設定を28度に上げるとCO2がこれだけ減ります、なんていう試算が「一例として」示されて、いつの間にかそれが正しいことであるかのように定着してしまっただけなのです。28度というのは、熱中症になるかどうかのぎりぎりの温度とされているのです。

 うちの業界には、お上の決めたことにはすべて反対するのが良いことだという気風が満ち満ちているのですが、同時にエコとかロハスとか無農薬とか、そういうのが大好物な人も山のようにいるので、「28度」に疑問を持たないのでしょう。

 今日は快適だぁ、と思っていたら、太陽の光で電気を起こすシステムに異常が出てるよ、という警報音が職員室に鳴り響きました。これが鳴ると、屋上に出てソーラーシステムのコントロールボックスを開け、点検と清掃を行う必要があるのですが、そんなことをしたら死んでしまいますから、とりあえず鳴動だけ止めておいて夕暮れを待つことにしました。

20160729_160547_2

 時刻は午後3時過ぎ。まだまだ屋上は灼熱地獄ですが、空に見える黒い雲のおかげか、どこかで雨が降っているらしく、涼しい風が通り抜けていきます。この風だけを頼って、屋上で決死の作業開始。私なんぞはたまにやるだけですが、この季節、エアコンの設置工事とかメンテナンス、あるいは草刈りなんかをされている皆さんには、本当に頭が下がります。

 私の職場はまだまだ建物が新しいので、屋上に行くのも、屋上であちこち移動するのも楽ちんです。古くて建て増しを重ねたような学校ですと、まず屋上に出るのに潜水艦のハッチから出て行くような感じではしごを登らなければならなかったり、屋上に出てからも、校舎と校舎の隙間を飛び越えなくては目的に行けなかったり、ということがあります。まだマシなのです。

20160729_160942

 注意書きを読みながら、さっき職員室を出るとき、屋上にいるからね、と声をかけてきて良かった、と思います。20分も待ってられませんし、電気の通っているところを触らなければいいんでしょ、と勝手に決めて、ブレーカを落として即、作業開始。使うのはプラスドライバーと濡れ雑巾です。

 コントロールボックス内に表示されているエラーコードは、ボックス内の温度上昇を示しておりますので、フィルタを掃除すれば解決するはずです。

20160729_161138

 フィルタと名付けられた金網を外してみるとこの通り。年に一度は掃除しなさいと書かれていますけれど、たしか2ヶ月前に掃除をしたはずです。よほどほこりっぽいのでしょう。まるで金網が掛け布団をかぶっているかのような状態で、ホコリを手でつまんでこうしてめくることができます。

 で、あちこち掃除をして、フィルタをすべて元に戻してから、コントロールボックスのブレーカを戻して電源ON・・・・・エラーコードはそのまま表示されています。ボックスの蓋が開いていると、むしろ内部が冷えないのです。この場合、蓋を閉めるとボックス内を設計通りに空気が流れて、各部をきちんと冷やしてくれるはずです。

20160729_160817

 世間ではこういうのを、教頭は余計な仕事が山のようにあって激務、などと行ってくださるのですけれど、教頭でなければ死ぬまでこんな経験をすることもなかったはずですし、これはこれで嫌いではありません。

 問題があるとすれば、晴れても降っても風が吹いても、警報が鳴ったら現場を見に行かなければならないことでしょうか。自分で掃除をしておさまるものなら良いのですけれど、そうでなければ業者に見てもらうので、お金がかかります。そしてそのお金をどこから捻出したらいいのか、そういう頭脳プレーもしなければならないのが私には辛いところです。

« ツリーハウス | トップページ | 宿題 »

コメント

職場で♂は自分一人だけなので
本職のレントゲン以外にみ・・・

電球の交換から網戸の張り替え 壁紙の張替・・
クモ・ムカデ退治 雑草取り・・・ 
台風が接近すれば 断水時の水確保・懐電準備など
製氷機・冷蔵庫など調子悪ければ 
すぐに呼ばれます。

自分でできる事は何でもかんでも
引き受けていました。

こういう雑用は
自分が工夫してやれば
何とかなるものです。

萬年筆の分解・修理と同じく
とても 楽しい!!

 紙様 さん

 さすがは紙様、よくわかってらっしゃる。

 そうなんです、ぶつくさ言いつつも、楽しんでやる。そのうちその分野ではちょっとしたエキスパートになる。それがいいんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040405

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の恵み:

« ツリーハウス | トップページ | 宿題 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31