フォト

最近のトラックバック

« 裏道専門 | トップページ | ならば »

2016年5月 4日 (水)

紙もの

20160505_083802

 自分で寝床をこしらえてくつろぐ「ちち(仮名)」さん。ちょっと意地悪して、炬燵布団の裾を引っ込めておいたのですが、彼女は適当なところを口で咥えて引っ張り出し、自分が寝るスペースを作り出しました。この布団の表面の感触が気に入っているようです。

 飼い主は大阪市内へ出かけたのですが、お目当ての店が入っているビルの地下駐車場に車が収まらず、コインパーキングを探す羽目になりました。旧型のJ32までなら何とかパレットに収まったらしいのですが、L33はアメリカンサイズ(といってもミドルクラス)なので比較的新しい目の立体駐車場でないと対応できないようです。駐車場の係りのおじさんが申し訳なさそうな顔で「これ、ティアナですよね。残念ですが・・・・・」と、他人の口から自分の車の名前を聞けるなんて思ってもみませんでした。

20160505_083452

 書店で一通り本を探したあと、ひとひねりした品揃えが気に入っている文具店へ行ってあれこれ物色。古川紙工さんのこんな一筆箋を買いました。上の方にちょこっと入っているイラスト、全国各地のご当地イラストシリーズがあり、一定金額以上買うと「大阪のおばちゃんシール」なんてものがもらえるというキャンペーンもやってましたが、とりあえず定番のこのイラスト。こいつに太字の萬年筆で伝言を書いて、先生方の机の上に貼り付けておくという使い方を想定しています。

20160505_083509_2

 カレンダー屋さんが作った萬年筆専用(!?)のメモ帳。「インクの濃淡を味わいながら、泉のようにあふれでる発想を書き溜め、明日へ繋げていくためのノートです。」ということなんだそうです。ビジネスで成功するための秘訣、なんていう雑誌の特集なんかには必ず出てくるメソッドですけれど、私からは最も遠いところにあります。

20160505_083656

 とにかく薄い紙です。伝票なんかに使われる紙くらいの厚さ。ですから、付属している下敷きの罫が透けて見えます。これなら私にも少しはマシなメモが残せるかもしれません。これもまた、さらさらとメモを書いて先生方の机の上に貼っておく、という使い方を想定しています。

 職員室には自分くらいしかいなくて、けれど電話はじゃんじゃんかかってきて伝言がたまる一方、という状況です。生徒の欠席連絡程度のことであれば反故紙の裏面を使うのですが、ちょっと大事な内容や込み入ったことなどはこういうメモ用紙を使って伝えようかな、と。一応、お仕事のことも考えていたりする私なのでした。

« 裏道専門 | トップページ | ならば »

コメント

滲みまくり、裏抜けしまくりますよ〜
特に黒い表紙は。
http://blog.livedoor.jp/whitestar_ftl/archives/47427704.html

 白星 さん

 情報ありがとうございます。ぬらぬらどばどば系でメモを書く、なんて計画はもろくも崩れ去ったわけですな。最近、他の方の記事をチェックすることを怠っていたのでバチが当たりましたか・・・と、めげずにそれもネタにしてしまいましょう。

他のブログ含め情報はタイミングですから。
私も確か以前にWAGNERの会場で試筆したような記憶が(^_^ゞ

 白星 さん

 タイミング、重要ですね。そのせいで長年狙っていた`本をみすみす逃がしたりもしますから・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040319

この記事へのトラックバック一覧です: 紙もの:

« 裏道専門 | トップページ | ならば »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30