フォト

最近のトラックバック

« 比較対照 | トップページ | きたみたかった »

2016年5月11日 (水)

どて

20160427_051556

 あざといポーズで人を引き寄せ、ついに撫でてもらうことに成功した瞬間の「くま(仮名)」さん。「ちち(仮名)」さんが、いかにも「撫でて、撫でて」と誘うのに対して、「よかったら撫でてくれてもいいですよ。」という感じで、人間が撫でずにはいられない状況を作り出す、実に老獪なやり方です。

 ここ3日ほど雨が続いているので、飼い主は草刈りもできず、書類仕事と会議の連続で疲れております。体にすれば、草刈りの方がよほど疲れるわけですが、いつ終わるともしれない会議の席にじっと座っている、その方がよほど疲れるなぁ、というのが実感です。

20160511_150904_2

 先日、職場の向かいにある幼稚園の法面を刈っているときに派手に滑落して3回転着地してしまった飼い主。打ち身も怪我もありませんでしたがさすがにマズいと思ったのか、こんなものを注文してしまいました。長靴に装着するスパイク、あるいはアイゼンといったようなものです。

 箱を開けると、いきなり箱の蓋にガッと食い込んでいる製品のお姿。これは期待できそうです。この刃が斜面に食い込み、飼い主の重たい体を支えてくれるのです。

20160511_150844_2

 この製品、「どてらく」といいます。

 どてらく、言うたら何かいな、あの、冬の寒いときに着物の上に羽織る・・・・そらあんた、どてらやがな。

 あぁ、どてらくね、あの、アメリカで開発されたキーボードの配列で・・・・・そらあんた、ドヴォラックやがな。

 どっちも違います。土手を楽に刈ることができるから、土手楽。

20160511_150941

 斜面の草刈りをする場合、斜面の上に向かったり下に向かったりして刈ることは稀です。結果、左右どちらか(一般的には左)の足が斜面の下の方になり、体重を支えます。(谷足)。この器具を谷足に装着すると、足が水平になるので安定感が増し、疲労が全然違う、というわけです。長靴の底の摩擦だけでなく、物理的に土の中に食い込んでくれますから、滑落を防げる可能性が高まります。

20160511_151107

 さぁ、あとはこれをつけて斜面の草刈りをするだけです。降り続いている雨がやんで、草刈りができるようになるといいなぁ、とひたすら空を眺めつつ、よく考えてみたら最近糖尿病の薬を飲んでいないことに気づきました。ヤクが切れるとやばい体なのに・・・・・草刈りするより先に病院へ行ってお薬をもらう方が先、なのでした。

20160511_151206

« 比較対照 | トップページ | きたみたかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040326

この記事へのトラックバック一覧です: どて:

« 比較対照 | トップページ | きたみたかった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31