フォト

最近のトラックバック

« 遁走 | トップページ | 漬け込む準備 »

2016年5月22日 (日)

どうやって出すか

20160522_233632

 ケージの扉が閉まっているときには、どうやって出るか、ということを考え続けている「くま(仮名)」さんですが、ケージの扉が開いていて、しかも意地悪な「ちち(仮名)」さんが外に出ているようなときには、私は出なくても平気なのよ、というような態度で美輪さんしています。

 毛の質もあって、年中もふもふな彼女。実は毛がもふもふしているだけではなくてお肉の方もたぷたぷしていて、しっかりと減量をするように厳しい指示が出ていますが、相変わらず食欲は衰えていないようです。

20160523_060702

 新しい仕事にも少しずつ慣れてきて、年度当初に雨あられと降り注いだ紙爆弾攻撃も一段落したので、そろそろ夏に向けて、手持ちの万年筆のメンテナンスをすべき時期です。

 手始めは、昨年来ずっとインクの出が悪い悪いと言い続けているこちらのキャップレス。修理に出すのが一番確実な方法でしょう。あるいは、ジャンク扱いで、胴軸だけつぶれているキャップレスなんてのがオークションなどに出てきてゲット、なんてことがあるともっとよいのですが、そんなおいしい話、あるはずもないのです。なので、まずは洗浄してみようと思います。

20160522_151438_2

 本日の神戸、三宮中央駐車場。よくもまぁ、と思うほど、私の嫌いな車が勢揃いしています。人間、勝手なもので、自分がエログランドに乗っているときにはそうも思わなかったのに、セダンに乗るようになると、アルファードやその姉妹車、その他営業車よりも数が多いのではないかと思われるノアやボクシィなんかが前にいると邪魔に感じて仕方ありません。

 誇らしげにロッテリアのマークを付けている車は、何とも嫌な運転をする人が乗っているのに遭遇することが多いですし、中東の王族に人気と言われる巨大な4輪駆動車は図体からは想像もできないほど異様に足が速く、オラオラ、踏み潰すぞコラ、と煽るのが普通、という勝手なイメージです。

20160522_151542

 そんな車が並んでいるので、足早に離れようとしていたのですが、つい、写真を撮ってしまいました。あまりにも見事な、見事すぎる駐車技術に脱帽です。この駐車場は枠の幅が狭いので、この巨体は収まりません。運転席側のドアが開けられるようにするには、このように駐めるしかないのです。

 タイヤを右に切りつつバックで入ってきて、これ以上1ミリでも動いたら柱にぶつかる、という寸前でストップ、そのあとタイヤをまっすぐに戻したものと思われます。

20160522_151525

 車と柱との間に、僅かな隙間があるのが見えます。ここに紙一枚、スッと通してみたい衝動に駆られましたが、それをすると器物損壊になってしまいます。駐車操作時、外で聞いていたとしても、ボディが柱にあたる音はしなかったことでしょう。まさに寸止めです。

 けれど、これ、どうやって出すのでしょう。僅かにハンドルを右に切り、超微速で前進しつつ、すぐに左へ戻す、ということでないと、右に止まっている車にこすってしまいますし、このまま前進すれば、多少の擦り傷は避けられないでしょう。実に興味深かったのですが、残念ながらその現場を見ることはできませんでした。

« 遁走 | トップページ | 漬け込む準備 »

コメント

キャップレスはペン芯が特殊で
インキ溝がとても長いので
まずは洗浄した方が良いです。

ビタミンCの出番です。

 紙様 さん

 あっ・・・先に言っちゃだめですぅ!

これほどの神業でなくとも奈良県人の狭い場所への駐車には驚くものがあります。それこそKカーしか適切でないような場所にもしっかりとクルマを止めてられるし、駐車場も道路から狭い坂道を上がってようやっとという風景にもでくわします。バックで出るのでしょうけど、ほんの少し間違えると脱輪するのではと、他人事ながら脱帽しております。

つきみそうさん、こんちはー。

ちょっとまったり気味のくま(仮名)さんがかわいいですね。

これを見て、車を船で輸出しているところを思い出しました。あれも神業のように、車と車の間隔が5mmくらいしかなかったのではないでしょうか。
この写真のように、ここまでギリギリだと、エンジン掛けただけで擦りそうでこわいですw


dog

 くーべ さん

 奈良はとんでもない道がいっぱいありますから。しかしこのランクルのナンバープレートは神戸でした。神戸人も山に張り付くような町並みで暮らしていて駐車の神業を身につけるのかもしれません。

 ぽち さん

 まったり、というのは彼女の枕詞ですから。

 実際このランクル、エンジンかけたときの振動で擦るでしょうね。出て行くところを見届けられなかったのが心残りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040337

この記事へのトラックバック一覧です: どうやって出すか:

« 遁走 | トップページ | 漬け込む準備 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30