フォト

最近のトラックバック

« どうやって出すか | トップページ | 同じゴール »

2016年5月23日 (月)

漬け込む準備

20160524_052210

 明け方、寝ぼけ眼で歩いていて何か踏んだと思ったら、「ちち(仮名)」さんの足かしっぽか、とにかくそういう端っこの方でした。ケージの扉が開いたままになっていて、飼い主とワンコとが一緒に寝転がっている状況で、まず飼い主が自然死します。その後、「くま(仮名)」さんであればケージの中に戻るのですが、「ちち(仮名)」さんは朝までそのままです。

20160524_052435

 赤インクを入れて使っていたペンを普通の色のインクに戻したいときや、詰まってインクが出ないというペンを使えるようにしたいとき、まずはこれを使ってみます。商品名は色々ですが、この手のものを使うと、頑固なことで定評のある色彩雫インクが手についた場合でもけっこう綺麗に落とすことができます。

 普通にペン先を洗う場合でも、コンヴァータで何度も水を出し入れして、もう色のついた水が出なくなったという状態の首軸にこれを入れると、ペン先からはしっかり色のついた水が出てきます。ただ、これを使うとペン芯とインクとのなじみが悪くなる・・・なんて話をどこかで聞いたようにも思いますが、現状で不満はないので良しとしましょう。

20160524_052530

 おなじみのロットリングクリーナー。私が新任教師だった頃は、プリント類の原稿を作成するのに、できるだけシャープな文字が書けるようにと同社のラピッドグラフを使う先生がたくさんいました。あっちでもこっちでも、職員室中でキコキコ、キコキコという音がしていたものです。

 こいつは詰まるのが仕事みたいなペンですから、定期的に販売業者が「洗浄」と称して巡回してきては、「あぁこれ、もうダメですね」と新しいのを売るという光景がよく見られました。文房具に疎いのがこの業界人の特徴ですから、クリーナーがあることなんて知らない人がほとんどでした。

20160524_052612

 こちらはローラーアンドクライナーというメーカーの万年筆洗浄液。自動車バイク系でもライニガーという名前は聞きますので、ライニガーというのはずばりの商品名ではなくて、クリーナーというような意味なのでしょうか。そのあたりは、ドイツ語さっぱりわかりません、の私には不明です。今回はこれも試してみようと思っています。

 もちろん、大量に購入したビタミンCもスタンバイ中です。

« どうやって出すか | トップページ | 同じゴール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040338

この記事へのトラックバック一覧です: 漬け込む準備:

« どうやって出すか | トップページ | 同じゴール »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30