フォト

最近のトラックバック

« 同じゴール | トップページ | とれるのか・2 »

2016年5月25日 (水)

とれるのか

20160525_214854

 廃棄処分になったストッキングをもらって、上機嫌で遊んでいた「ちち(仮名)」さんでしたが、ぐいぐい鼻先を突っ込んでいる内、なぜか銀行強盗のようなお姿になってしまい、マスクが取れなくなってしまったようです。

 これ、絶対に誰かが手を貸してかぶせたのだろうと思ったのですが、長女によると自分で突っ込んでいってこうなったとか。実に器用な犬です。

20160524_052645

 ライニガー洗浄液のボトルは、内部に「たまり」が設けられていて、ここにペン先を突っ込んで洗浄液を吸入するようになっています。実に便利です。インクが出ないキャップレスのインサートにコンヴァータを装着して何度も給排水を繰り返し、超電解水なども吸入させて、インク色の水もほとんど出なくなったところで、この「たまり」に突っ込んで洗浄液を吸入しました。

20160526_055828_2

 胴軸内に吸入する大きなペンは無理でしょうが、キャップレスのインサートぐらいならこうして自立しています。十分に洗ったつもりでしたが、相手は洗浄液を名乗るぐらいの液体ですから、その中に漬けただけで残っていたインク分が流れ出て、「たまり」の中にインクが残る、ということになってしまいました。

20160526_055859

 このあとボトルの蓋を閉めて、次回使用時にはまたボトルをひっくり返してから蓋を開けて、ということをやるわけですから、この残ったインクは洗浄液の中に混ざってしまいます。こうなったときのためにスポイトを用意しておくのが良さそうです。

20160526_060738

 洗浄液を吸入したら、そのままにしておくのではなく、ひたすら字を書く、というのが正しい使い方のようです。そうすることで洗浄液がペン先に流れますから、インク経路に詰まっているものが洗浄されるのでしょう。

 ちなみに、水で洗い終わった段階で文字を書いてもこれほどの筆跡にはならなかったので、どこかに残っていたインク分が洗浄液によって溶かされたということなのでしょう。数日間、字を書きながら様子を見てみます。

« 同じゴール | トップページ | とれるのか・2 »

コメント

ライニガー洗浄液、初めて見ました。今まで洗浄の際は、プラチナのクリーナーキットを使っていたのですが、その内これも試してみたいです。
ところでちち(仮名)さん、羊膜に包まれた生まれたての子犬のようになってますけど(笑み)。

 すいどう さん

 この洗浄液、難点はお値段が高めというところでしょうか。けれど、わかりやすい汚れ落ち効果、なかなかです。さらに検証を続けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040340

この記事へのトラックバック一覧です: とれるのか:

« 同じゴール | トップページ | とれるのか・2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30