フォト

最近のトラックバック

« 手を入れる | トップページ | 出ないのか・2 »

2016年4月22日 (金)

出ないのか

20160423_003906

 飼い主が自然死しているすぐそばに陣取って眠る「ちち(仮名)」さん。手術後に縫合した部分を舐めないように装着されたカラーが邪魔で、ケージの中で過ごすとたいへんにCOLが低い、ということで外に出っぱなしです。

 木曜の夜など、午後9時を過ぎてから「そういえば、明日、あれ配りたい」などとつぶやく担任がいて、全校生徒分の「あれ」をこしらえるのに5時間。明け方近くに帰宅したときも、彼女はケージの外でしっぽを振ってお出迎えしてくれてました。しかし、ワンコとしては広いところでウロウロすると結構気疲れするものらしく、写真を撮られているのがわかっていても目を開けることもなく眠ったままでした。

20160423_003216

 私の職場では毎週金曜日がノー残業デーとなっていて、「金曜日は午後7時に職員室を施錠します」なんていう張り紙もあるのですけれど、これはもう、田舎に行くとみられる松山容子さんとか水原弘さんのホーロー看板みたいなものです。誰も取り外さないけれど、とっくに役割は終わっています。

 そんな職員室で、みんな早く帰れよぉ、と思いつつお仕事をしておりましたら、「ちち(仮名)さんを連れて病院に来てます」という妻からのメッセージが携帯電話に入りました。少し熱が高くて、腰のあたりを触ると鳴く、という症状だそうで、1週間前に入院したときとまったく同じです。

 これは困ったことになったなぁ、と思いつつ帰宅すると、いつものように全開でしっぽを振りながらお出迎えしてくれました。傍らでは渋い顔をした妻が「便秘!」と。血液検査をしてレントゲンを撮ったら、腸の中にこってりと写ってます、という何ともあっけない結論で、おそらく手術した傷口その他が痛くてキバることができないのでしょう、と痛み止めを処方されて1万円超のお会計。その後、散歩のエキスパートである長男に連れ回してもらい、長男曰く「持って帰る間に手がしびれそうだった」というほどすっきりされて一件落着、だったそうです。

20160423_103343

 で、今日はこの2本。どちらもインクが出ないのでどうしましょうか、というお話を書く予定だったのですが、あまりに分量が多くなりすぎましたので見送りです。しっぽを振りまくるワンコの尾籠なお話でした。

« 手を入れる | トップページ | 出ないのか・2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040307

この記事へのトラックバック一覧です: 出ないのか:

« 手を入れる | トップページ | 出ないのか・2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30