フォト

最近のトラックバック

« 出ないのか | トップページ | つまらん週末 »

2016年4月23日 (土)

出ないのか・2

20160423_103131

 ちょっと古めのクッションを入れてやったら、一夜のうちにこんな状態にしてしまった「くま(仮名)」さん。クッションの右下に「愛犬」が転がっていますが、その周辺、クッションの底の部分にいくつか穴が見られます。元々は全面にわたってこういう状態だったのですが、彼女がガシガシと掻きむしった結果、中の綿が出てきてしまったのです。

 このところ、家族みんなで「ちち(仮名)」さんの様子を気にしている雰囲気があふれています。食事の時間など、腰掛け程度の高さの台の上に餌鉢を置いて、食べやすいように手助けしながら食べさせてもらっています。そういうのを見ると、私はどうなのよ、と「くま(仮名)」さんが面白くなく感じても不思議ではありません。

20160423_103343

 インクが出ない黒い萬年筆が2本。キャップレスの方は普段持ち歩いて使いたい季節がもうすぐそこです。そしてロットリングのリーフは、ペン先が太いので綺麗な色のインクを入れて、伝言メモなどをささっと書くのに使いたいという計画があります。

 キャップレスの方は、インサート丸ごと取り替えるか、修理に出すかしかないと思えます。カートリッヂに液体を入れて指でつまむと、ペン先からしっかり液体が出てきますから、一応、経路は確保されているようです。インクと入れ替わりに入っていく空気の通り道が確保できていないのか、インクの通り道が極端に細くなってしまっているのか、いずれにしても、これ以上はどうすることもできません。

20160423_1034202

 ここら辺を見ると、ペンチでぐっと開いてペン先を取り外してみたい衝動に駆られますが、外すことはできても再び取り付けることは難しいでしょう。たとえそれができたとしても、うまくインクを引っ張ってくれるようなペン先になるとは限りません。

 ざっとネットを徘徊してみても、そういうことをやってみた、という話は見つかりませんでした。そんなこと思いつかないのが普通なのか、そういうことを思いつくような人は、怖いとわかっているからはじめからやらないのか、そのどちらかでしょう。壊れてしまったキャップレスでもどこかに転がっていれば実験もできるのですが。

20160423_103534

 インクが出なくなる原因としてはもうひとつ、ペン先が乾いてしまうということも考えられます。こんなページを見つけたのですが、皆さん、探究心に富んでいる方ばかりですね。

 そのページに登場している現行のキャップレスマットブラックも、見事に剥げまくっています。写真の黒いキャップレスは軸そのものはそういう色の樹脂ですから剥げようがありませんが、使い込むと、クリップなど、塗られている部分の角あたりから剥げてきます。味わいだとも言われるのですけれど、個人的にはあまり好きではありません。うまくインクが出るようになって使い倒してやると、この黒いキャップレスもあちこち剥げてくるのでしょう。

« 出ないのか | トップページ | つまらん週末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040308

この記事へのトラックバック一覧です: 出ないのか・2:

« 出ないのか | トップページ | つまらん週末 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30