フォト

最近のトラックバック

« つまらん週末 | トップページ | つけ込み »

2016年4月25日 (月)

数えなくても

20160426_055157

 「くま(仮名)」さん、いつものように熟睡です。耳もまったく動きませんし、近くへ寄らないと寝息すら聞こえません。実によく寝ています。野生の動物なら確実に死に至る寝方ですね。

 眠れない夜は羊を数えると良いと言いますが、これまで羊を数えたことはありません。難しい数独に取り組んで、じーっと考えているとそのうち眠りに落ちます。あるいは、どうあがいても、何をしても眠れないときというのはありますから、そういうときはただただ布団の中でじっとしているだけです。

20160416_150946

 今月12日に産まれたという仔羊。撮影日は16日で、「3日とちょっと」という説明でした。長靴と比べると大きさがおわかりいただけると思います。さすがに外へは出せないので、飼育員さんの詰所のようなところでお守りをしてもらっていました。

 この羊は、奈良市の東、そして三重県との境にあたる山添村にあるめえめえ牧場で産まれた子です。私の職場では、敷地の外周となる法面に羊を放して、底に生える草を食べてもらう、ということをやっていますが、その羊はこちらの牧場からお借りしています。

20160416_145603

 大人になった羊は、間近で見ると結構怖い感じですけれど、仔羊は実にかわいらしいのです。特にコリデール種の子どもは、ぬいぐるみのような可愛らしさです。自分たちの糞も落ちているようなところにドテッと寝そべりますから、羊の毛は実に汚いもので、刈り取ったあと、何度洗っても綺麗になる気がしません。この牧場ではあちこちに羊を貸し出しているのですが、このコリデール種は人気で、予約待ちとなっているようです。

20160416_150542

 そういうこともあって、私の職場でお借りするのはこちらのサフォーク種です。羊のショーンが頑張ってはいますが、やはり羊というのは真っ白というイメージが強いらしく、貸し出し頭数でいうと大差がついているようです。

 どういうわけか溝にはまり込んでいるのが仔羊で、右の方にいるのが大人の羊。この中に、私の職場に来てくれる羊もいるのでしょうか。

 眠れぬ夜は、どうぞかわいらしい羊を眺めてください。

20160416_145620

« つまらん週末 | トップページ | つけ込み »

コメント

眺めてよし、毛を服に仕立ててもよし、屠って食べてもよし、飼って草を食べさせてもよし、夜に布団の中で数えてもよし。
良い家畜ですね。大して何も生み出さず、飯だけ食らう私とは大違い。
ただ、家畜としての羊さんは即自存在、私はたぶん対自存在。
新しい改造のアイデアでも湧いてこないかと物憂げに外を眺める春の日です。

 Polnolunie さん

 大して何も生み出さず、飯だけ食らう私とは大違い。

 何をおっしゃいますやら。これまでに世に送り出された魔改造萬年筆の数々、その着想に、ただただ尊敬するのみです。

 はたして、今週末の神戸では何が出てくるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040310

この記事へのトラックバック一覧です: 数えなくても:

« つまらん週末 | トップページ | つけ込み »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31