フォト

最近のトラックバック

« 猪鹿・・・ | トップページ | 落ちるかな »

2016年4月 1日 (金)

再会

20160329_233700

 壁にもたれて眠りこけている「ちち(仮名)」さん。かわいらしいお顔も耳もつぶれてしまってます。

 飼い主は朝から職場へ出て、まずは学校業務員さんとの面会。これまでは民間業者に委託して派遣してもらった人が施設の解錠や職員室の湯茶の準備、ゴミ出しなどをしてくださっていたのですが、お金がなくなったので契約打ち切りとなり、今後はシルバー人材センターの人たちにお願いするということになったためです。毎朝やってもらうことを確認して、色々と説明している内に時間が来たので出発。今年から、職が変わった人は一カ所に集められて辞令を受け取ることになったのです。

20160330_105459_hdr

 県立教育研究所の庭に植えられた木に作られた鳥の巣。中に鳥がいる気配はなかったので、もう巣立ってしまったあとなのかもしれません。ここの講堂におっさんおばはん集められて、一人ずつ呼名されては返事をし、教育長の前に歩み出て辞令書を受け取る、という儀式です。

 何か卒業式の練習みたいやなぁ、と思っておりましたが、実際、舞台の袖には職員の方がいて、ここへ立って、こう歩いて、と教えてくださいます。舞台の上には立ち位置を示すバッテンが貼られているなど、まさに卒業式です。そして、もらった人はここからこう歩いて降壇、と事前に説明されているにもかかわらずルートを間違える人、そしてそれに疑問なく続いて行ってしまう人。大丈夫でしょうか。皆さん緊張しているんでしょうね。

20160402_081128

 ちなみに、一人一人名前を読み上げてくれていたのは、私がまだ20代だった頃に新任として同じ職場に赴任して人でした。自分は生涯一教師で行くのだ、管理職になるなんて言うのはこの仕事を志した者として恥ずかしいことだ、などと公言してはばからなかった人でしたが、今や教職員の人事を担当する管理職です。県教育委員会に知り合いの人がいるのを見つけても、お互い親しげにやぁやぁと言ってはいけない、という不文律があるので、会釈すらしませんでしたが、しっかりと今の仕事に邁進されているようで、本当はこれが向いていたのでしょう。人生、一寸先はわかりません。

 写真は職場のデスクを空っぽにして、別のデスクに移る、そのための整理をしていて見つけたデスクペン。ウチの業界ではこれは必須の品でしたが、最近は使う人もほとんどいなくなりました。出席簿などの細かい細かい記入欄に文字を埋めていくのには、この細くてカリカリしたペン先が最高なのです。

20160402_081328

 こちらも再会シリーズ。先日購入したベイダー卿のボールペンですが、その先輩筋にあたるものが出てきました。胴体がスタンドになっていて、胸から上がボールペン。そして頭部はバネで接合されているので、ゆらゆらと揺れるのです。

 清く正しい関西人たるもの、首が揺れると言ったら、淀川五郎さんを思い出しますよね。スムーズに揺れてます。

« 猪鹿・・・ | トップページ | 落ちるかな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040286

この記事へのトラックバック一覧です: 再会:

« 猪鹿・・・ | トップページ | 落ちるかな »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31