フォト

最近のトラックバック

« だいだい | トップページ | 21年 »

2016年1月16日 (土)

手に触れる

20160109_081555

 何やてっ!と反応する「くま(仮名)」さん。ぐっすり眠り込んでいると思っていたのですが、炊事場で物音がした瞬間にこれです。あかちゃんの頃から、食べるものとそれに関連する音にはとっても敏感な子でした。

 先日、和歌山電鐵に乗った際に残念に思ったことがひとつ。特装電車の車内にはとっても素晴らしい吊り手がぶら下がっているのですが、これを何とかオリヂナルグッズとして販売していただきたいものです。関係各位におかれましては、是非是非、ご検討いただきたいところです。

20160111_120135_hdr

 風邪が流行る冬になると、感染源の代表格のごとく扱われる電車の吊り手ですが、自宅で限定した人間だけが触るのなら大丈夫です。そういえば少し前までは派手な軽自動車には必ずといって良いほど助手席のグリップからつり革がぶら下がっていたものですが、そういうものでも良いので、是非この木のぬくもりあふれる吊り手を販売していただきたいものです。

 電車の吊り革や握り棒同様、汚いものの代表格とされ、その汚さは公衆便所の便座以上であるとまで言われているのがスマートフォンの画面。そしてそれと並ぶのが共用PCのキーボードやマウスです。

20160116_183839

 お目を汚しましてすみません。気分を害されましても当然です。実に汚いキーボードです。数値入力を生業としているわけでもないのに、テンキーにしてこの汚れっぷりです。指先の皮脂や汚れなんかが付着しているのみならず、珈琲かお醤油か、そういったものをこぼしたような痕跡すらあります。

 しかし、そこは天下のリアルフォース。ひょいひょいとキートップを外して洗浄してしまえば気持ちよく使えるようになります。一般的なキーボードではそうもいかず、安全にキートップを外せなかったり、洗浄するとキートップの文字が消えたりする可能性が高くなります。

20160116_232803

 で、キーを外してみるとこの有様。ベース部分は丈夫な鉄板ですが、お菓子のかけらであるとか髪の毛、あるいは水分が入り込んだ際に生じた錆などが見えます。見なくても良いものを見てしまった感じですね。

 キートップをすべて外して洗剤入りのボウルに漬けたら、キーボード上面のカヴァーを取り払って、ベース部分を掃除します。

20160116_235744

 見てください、キーボードそのものがゴミのようです。あきませんねぇ。こんなになるまで掃除もしないで使い込んでいても、何ら問題を起こさないのがすごいところですが、それでも掃除はすべきですね。黒文字を使ってゴミをこそげ取っていたら、先端を痛めてしまいました。

20160116_235527

 萬年筆ではありませんが、こちらもトレド。ただのペーパーナイフに何ともたいそうな名前をつけたものです。リアルフォースのキートップはこじってやるだけでぽろぽろと簡単に外れますが、スペースバーなど大きなキーにはスプリングが仕込まれていますのでなくさないように注意が必要です。

20160116_234535

 キートップは上面よりも、むしろ側面の方がわかりやすく汚れています。キートップにはいつも指が触れる分、汚れがこすり取られるのでしょう。英語用で窓マークなんかもない101キーボードですので、洗浄するキーの数もおよそ100個です。

20160116_232510

 お湯を張った洗面器にキーを入れ、食器洗い用の洗剤とたわしでこするだけです。さほど力を入れてこすらなくても綺麗になります。洗面器の中からキーをつまみ上げ、シリンドリカルキーの上面をこすり、続いて周囲4面をこすったら、洗面器のお湯で軽くすすいでザルにあげます。

20160117_004240

 洗剤であらっていますので、ざるを振ってよくすすぎます。一般的なキーボードと比べてはいけませんが、肉厚があり、実にしっかりとした作りのキーであることがよくわかります。新品を買えば数万円しますが、萬年筆と同様に、一生使う「書く道具」なのだと考えればお買い得です。そうは言いつつ、私が所有しているものは中古ばかりで、今時PS2接続です。

20160117_011908

 もっと時間をかけて、メラミンスポンジなども動員してこすればさらに綺麗になるのでしょうけれど、あまり強力な得物を使うとキートップの文字を痛めてしまう可能性もあります。細かな汚れはありますが、この辺が良いところでしょう。どれほど綺麗にしても、ホコリはすぐにたまるものですし、キーの汚れもすぐに目立ち始めます。

20160117_012130

 最後の最後に、「.」のキーをはめ込んで作業完了。当たり前のことですが、キートップを外す前に写真を撮っておくことをおすすめします。同じキーボードを何枚も持っているのなら話は別ですが。

 綺麗になったキーボードでBlogの更新。気分爽快です。

20160117_012303

« だいだい | トップページ | 21年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040210

この記事へのトラックバック一覧です: 手に触れる:

« だいだい | トップページ | 21年 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30