フォト

最近のトラックバック

« WAGNER神戸・新年会 | トップページ | ニタマ »

2016年1月11日 (月)

あるとき、ないとき

20160111_160425

 ひたすら眠る「くま(仮名)」さん。普段であれば、徒然草の「稚児の空寝」のように、周りで人が話をしているときはしっかりと聞いていて、タイミングを見計らってよりかわいらしい寝姿にチェンジしたりするのですが、今日は真剣に眠たかったらしく、何のアクションも起こしませんでした。

 この三連休を遊んで過ごした飼い主は、明日からの4日間、それこそ不眠不休で仕事を捌かないと追いつかない状況です。それならば遊んでないで休日出勤すれば良かったのに、というところですが、この三連休、休日出勤をしたりして仕事をこなしてくれている、そういう人たちの成果を受けてのお仕事、というのが今週の目玉なので、この三連休はこれと言ってやるべきこともなかったのです。新年早々、良い骨休めができました。

20160111_160532

 本年度最初の変なモンは、551蓬莱のあんまんです。知る人ぞ知る、という存在で、大阪ミナミ、戎橋通りにある本店だけで売られています。これを上回るレアものというと、同じお店の叉焼饅となりますが、それはそれで当たり前すぎて面白くありません。「豚まん」の551蓬莱だからこそ、あんまんというものが変なモンとなり得るのではないかと思います。

20160111_160520

 見た目はごく普通です。コンビニエンスストアが世に広まるその前から存在した井村屋のあんまん、そういう感じなのだろうな、と思っていたのですけれど、良い方向に期待を裏切られました。

 ちなみに、現物を見た家族の第一声は、「皮ついてる!」でした。いや、正確には皮ではなくて、へぎとでもいうのでしょうか。豚まんの底を守っている経木のことです。これも、正しくない豚まんですと薄っぺらい紙だったりするので、結構重要なポイントではあります。

20160111_160723

 あんこがとにかく黒いのです。「あずきの粒をつぶさないよう丹念に炊き上げた黒ごま風味のあんをもっちりとした生地で包みました。」というのですけれど、一瞬、こしあんのように見えるほどに真っ黒です。あんこというと、紫色っぽい感じを想像してしまうのですが、これは食べるものとしては黒豆並みに黒いです。

20160111_160754

 あと、海苔の佃煮のようでもありますね。食べた家族によると、まぁ、あんまんやなぁ、という感想でした。何のひねりもない、当たり前すぎる感想ですが、あんまんなのですから当然でしょう。

 このとき、豚まん10個、ちまき6個、蛯焼売20個に甘酢団子2パックなどと、ごっそり買い込んできたものが夕食の食卓に並べられたのですが、それ以外にもおかずが並んだにもかかわらず完売でありました。家族は元気でしっかり食べるのが幸せです。

« WAGNER神戸・新年会 | トップページ | ニタマ »

コメント

その昔ジャッキー・チェンがカンフー映画で大きな肉まん?をよく食べてたなぁと美味しそうなあんまんを見てふと思い出してしまいました(笑)。

 すいどう さん

 いけません、イエローカードです(笑)。

 肉まん、ではなくて、豚まん、です。滋賀県など牛肉の名所へ行くと牛肉まんなんてものもありますが。

 関西方面では、肉=牛肉、ですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040205

この記事へのトラックバック一覧です: あるとき、ないとき:

« WAGNER神戸・新年会 | トップページ | ニタマ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31