フォト

最近のトラックバック

« 駆け込み | トップページ | 明日はどっちだ »

2016年1月21日 (木)

物色

20160117_214830

 意識不明のオッサンと、その愛犬「ちち(仮名)」さん。獰猛果敢な性格と思える彼女ですけれど、ケージの外にいるときはおとなしくて、家族の誰かに寄り添うようにして寝ていることがほとんどです。その姿はまるでパトラッシュのごときものなので、思わず彼女に向かって「何だかとても眠いんだ」と言ってしまい、こうなるわけです。

20160122_063755

 今朝出勤して最初に聞いたのが「○○先生、今日はお休み」という言葉でした。時間割を預かる身としては一番聞きたくない言葉でもあり、奮起させられる言葉でもあります。私の祖父が、そして今は萬年筆関係でお世話になっている知人がそうであるように、事故や故障、その他の理由で乱れ始めた列車のダイヤをスパッスパッと何とかしていく列車指令に憧れをもっています。なので、ここは一発、綺麗に時間割を収めてやろう、などと奮起してしまうわけです。

20160122_063846

 私は出勤するのが遅い方なので、その情報に接したときには既に別の先生が「関係のクラスはすべて自習。課題は△▽について調べること。」なんていう処置を決めてらっしゃったのですが、先生の絶対数が足りている限り私の辞書に自習なんて言葉はありません。ちょっとだけ待ってくださいと時間割表をにらむこと30秒、方針を決め、PC上でコマを動かして矛盾がないことを確認したら、次は関係の先生方への連絡です。

 新たに授業に入っていただく先生や、そのあおりを受けて担当時間や学級が変更になる先生、そしてそれらの情報を生徒に連絡する学級担任の先生。漏れ落ちがないように、目立つ色でメモを書いて渡す、あるいは机上に貼り付けます。

20160122_063900

 本日は蛍光色っぽい浅黄色の付箋に赤インクでメモを書いて渡しましたが、その作業をしながら、あぁ、もう少し赤インクの入った万年筆のバリエーションがあれば良いな、と思いました。現状はクソ太いPILOT823コースとか、そこそこの字幅のセーラープロフィットレアロのBなどですが、もっと細いのがあってもいいし、ペン立てに無造作にさしておけるような太字系もほしいところです。

 色々と物色しましたけれど、最後の2本は軸が赤いというだけの友情出演。やはりこういう歴史的なペンに赤インクはいけません。細字系は赤ペン先生のデスクペン、太字系はロットリング・リーフで決まりでしょうか。

« 駆け込み | トップページ | 明日はどっちだ »

コメント

デスクペン良いですよねぇ。私の仕事場ではプラチナのデスクペン14kが活躍しています。ところが伝言のメモなどで、同僚に一番評判が良いのは、朱色の筆ペンで書いた字だったりします。太い字と明るい色合いで見落とすことがなさそう、とのことです。

 すいどう さん

 そうなのです、その通りなのです。現状、LAMYサファリのBニブで書いた下手くそな文字が「色がきれい」と好評なのです。LAMYのブルーは綺麗ですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040215

この記事へのトラックバック一覧です: 物色:

« 駆け込み | トップページ | 明日はどっちだ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30