フォト

最近のトラックバック

« Happy Birthday | トップページ | 柘榴石 »

2016年1月27日 (水)

野帳

20160123_004623

 首だけ、な「ちち(仮名)」さん。通販で長女に買ってもらったクッションがことのほかお気に入りで、ケージの中にいるときはいつもはまり込んで寝ています。「くま(仮名)」さんと比べると明らかに体格の良い彼女、まぁ柴犬としては普通のサイズなのですが、そのサイズに合わせたクッションを買ってもらったというところがミソなのです。何せ、これまではお下がりばかりだったのですから。

20160128_065003

 同じ手帳が3冊も。これは毎月届けられる「ちょこちょこ」シリーズの手帳なのですけれど、最初に届いたものは上下が逆に綴じられているという不具合があって、全員に新しいものが再送されたのだそうです。我が家はそれでOK(たぶん)だったのですが、本日またも同じものが届けられました。こちらに添えられている詫び状によりますと、代替品として送られたものの中にも上下逆に綴じられているものが混じっていた、ということだそうです。

 長年日産車に乗っていますと、今乗っている車も絶対何かあるだろうな、という確信のようなものを持ってクツマとつきあう、という習慣が身についてきます。そして何か起こると「あ、この瞬間が日産車だね。」とクールに言うというのが習い性になっておりますが、今回のようにデカい不具合が出ると「やっちゃえ(やっちゃった!)、日産」となりますね。リコールしてもおかしくはない不具合でもリコールしない、それでも日産車に乗り続けるのはバカとしか言い様がありません。

20160127_062932

 何かネタはないかなぁと考えていたとき、妻が「カウンター持ってない?」と聞いてきたのです。「あぁ、紅白で野鳥の会の人が使うやつ?」と応じた、紅白歌合戦などこの数十年見たことのない私。

 野鳥、やちょう、野帳、というわけで、年末台バザールにお邪魔した折に頂戴した東京メトロ仕様の野帳です。複雑きわまりない東京メトロの路線図から思うに、これはぜったい方眼だよな、と思っていたら正解でした。

20160127_063001

 東京メトロという名前になって相当経ちますけれど、帝都高速度交通営団という名前も素敵だったな、と思ったりもするわけです。関西在住者である私がそういうことを言いますと、周囲の人たちはあきれた顔をして、東京の地下鉄なんて乗ったら無事に目的地に着くだけでも大変やのに。あんたはそんなこと言うてるぐらいやから、どこでも行けるんやろ」と返してきます。そうですね、大江戸線でミスるとか、焦っているとかでなければいつもすんなり目的地に着きますから、東京メトロの路線に限れば大丈夫と言えます。

20160127_063047

 信頼のベストセラーである野帳ですから、綴じの部分に萬年筆なんぞ挿しても大丈夫です。むしろ、嵌合部分が自然に緩んで本体のみ落下、というのが一番不幸な出来事で、それがあるのでキャップレス以外はこういう使い方をしない私です。とりあえずこのペンはクリップが上品に細いので挿してみた、というだけのことですが、以外に合いますね。鞄に入れて、ということならこれもありかもしれません。

20160127_063032

« Happy Birthday | トップページ | 柘榴石 »

コメント

プラチナの70年代、漆堆朱仕上げの孔雀模様万年筆…マニアック過ぎる…(;´д`)

 すいどう さん

 そりゃ手帳の類には、プラチナの細くて堅くてしなやかなペン先が一番ですやん。

 長いものには巻かれろ、寄らば大樹の陰、というのが心情の私としたことが・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040221

この記事へのトラックバック一覧です: 野帳:

« Happy Birthday | トップページ | 柘榴石 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30