« 雑誌 | トップページ | 瓶の首 »

2015年12月 8日 (火)

勇気

20151209_060852

 寝起きで三木のり平な「ちち(仮名)」さん。勇気をふるってカメラの方を向いたところです。本日で日産リーフのモニター期間が終了したので、ディーラーさんへ車を返却して、とてもいい車だと思うけれど、現状では私の使い方に合わない、と感想を伝えました。

 今月24日に発売となるマイナーチェンジ車はバッテリーが改良されていて航続距離が長くなっているそうですが、伊勢湾岸道で流れをリードできるほどの高速での安定性を持ちながら、高速で走ると使い物にならないというのは非常に残念なところです。加速性能や操縦性はスポーツタイプ。けれど推奨される使い道はお買い物や通勤、というのが面白いところです。これをトヨタが作ったなら、足回りなんかはもっとふにゃふにゃにして、そもそも高速では怖くて走れないぐらいにしてバッテリーをもたせるとか、そういう割り切りを見せそうですが、そうしないのが日産らしくて私は好きです。

20151209_061640

 未年も残りわずかです。今週末のKOBE Pen Show 2015には、写真の扇子に字を書いた書家の先生も、扇子ではない作品をひっさげて出店されます。萬年筆愛好家にとっては「掘り出し物はあるかな?」というところですが、こればっかりは運、あるいは縁のものですね。朝から会場に行っていたのにほしかったペンを逃す人もいれば、昼過ぎにぶらりとやってきて見事にほしかったペンを手に入れる人もいるでしょう。そういうのもまた、萬年筆を趣味として楽しむ、その楽しみの一部です。

20151209_070038

 320番という、見るからに粗い紙やすりの上で、自分の名前を何度も書く勇気が持てるでしょうか。LAMYサファリのBニブ付きなら、ペン先は頑丈でしかも玉の部分が大きいので、ジャリジャリという怖い音を聞きながら書いても大丈夫です。師匠の調整講座に参加される方は、何より勇気を持って臨んでください。

 そもそも、萬年筆関係のイヴェントなんて、すごい人がいっぱい集まってきて自分みたいな素人は溶け込めないのじゃないか、と思う人も少なくないようです。でも、大丈夫です。来てもらえばすぐにわかりますが、わざわざ神戸の山の手まで上がってきて、入場料を払って入っただけの値打ちはあったな、と思ってもらえるはずです。今週末、神戸でお会いしましょう。

« 雑誌 | トップページ | 瓶の首 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勇気:

« 雑誌 | トップページ | 瓶の首 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック