フォト

最近のトラックバック

« 感謝 | トップページ | 白状 »

2015年12月14日 (月)

裾野、広がる

20151214_111602

 眠る「ちち(仮名)」さん。ペンショウとルミナリエが終わったので、次はクリスマス。そこまでたどり着けば、とりあえずゆったりとできるのですが、現状はいきなり大晦日の終夜運転状態に陥っています。大量にやってくるお客さんを捌くため、普段は運転していない時間まで電車を走らせるのと同じで、日頃はのんびりとしている私がぴりぴりしながらPCの画面をにらんで悪態をつきまくっている、という状況です。

20151215_064212

 さる生徒が、友人からもらったという萬年筆。M800と比べると長さはほぼ同じで、太さはぐっと細め。手にずっしりとくる重み・・・・・これはまさか、巷にあふれる中華萬ではないのか、と思いましたが、おそらくそうでしょう。

 ペン先は例によって七三分けで、がりがりとした素敵な書き心地。私に調整する技量があったなら、「えぇペンにしちゃるけぇのぉ~」といきたいところですけれど、それは望むベクもありません。

20151215_064233

 早くからきっちり時間割を組んで、今の時期、昼間に仕事が進められるように自分の授業を少なめにしておいたはずなのですが、「やっぱりこの授業は要りません。ほかの授業に振り替えて。」という返品の山ができてしまい、それを捌くために授業ができる人を探したら自分だけだった、というオチですが、毎年、毎学期、同じことを繰り返しているような気がします。

 こういう、短期集中でガーッと仕事を進めるタイプの人間は脳卒中で倒れたりする可能性が高い、なんていう無責任な情報を見聞きすると、それは困るなあ、と思ってしまうわけです。とにかく痛いのとか苦しいのとかはいやなので、一瞬で勝負がつくなら良しとしますが、そうでもないでしょう。

20151215_064253

 今はこれが流行っている、これからはこれが流行る、という記事を書いて流行を作り上げ、売り上げに貢献する雑誌のおまけか何かだったのでしょう。今、萬年筆がアツい、とか何とか、そういう見出しで煽って、とどめに豪華特製萬年筆のおまけ付き、という企画だったのか。はて、そういうのあったかなぁ、と記憶をたどっても思い出せません。

 私がカリカリと仕事を進めている間、別の先生が、進路について学習をしている生徒のために、と、大学院卒の先生にあれこれインタビューをしていましたが、インタビューを受けている先生は宇宙について研究していた人で、最期は宇宙に散骨してもらって星になりたい、なんてことをおっしゃってました。一見、壮大な夢のように思えますけれど、現実には請け負ってくれる業者もあるようですからじゅうぶん実現可能ですね。同じ散骨希望でも、粉々にした骨を水洗便所に流してくれ、という私の願いは、おそらくかなえられることはないでしょう。どちらも、自分らしい最期、というものをしっかり考えた結果であることに変わりはないのですが。

20151215_064355

 あぁっ、芯が短いっ!という楽屋落ち(詳細後日)なのかと思いましたが、ただのヨーロッパショートタイプカートリッヂでした。これで中華萬確定ですね。けれども珍しいことに黒インクです。日経だからでしょうか。流行を追っかけるなら、やっぱり顔料系とかポップな色とかいってほしいものですが、そこまでは手が回らなかったのでしょう。

 さて、このガリガリ君、生け贄にして練習してみようか、と思っていたら、先日PILOTのKAKUNOを買ったという生徒が寄ってきて、ペン先をやすりでこすったら猛烈に書き味が良くなった!と恐ろしい報告をしてくれました。果たしてこの先、彼は地獄を見るのか、そしてその地獄の先にはマイスターの道、あるいは萬年筆とのお別れ、どちらが待っているのか。いずれにしても期待がもてそうです。

« 感謝 | トップページ | 白状 »

コメント

個人的には、雑誌のオマケでも自国ブランドであって欲しい(国産品とは言ってません)。プラチナなんか100均にもあるしね。雑誌オマケでしか入手できないのであれば、いつぞやの様に万年筆ヘンタ…愛好家の方々も奮ってコウニュウされるのではないでしょうか?

 すいどう さん

 いつぞやのものは、なんと言っても希少な初代檸檬と同じ色合いで、改造心をくすぐったのでしょうね。同じような構造、大きさで第2弾、3弾と来で飽きられたのでしょうけれど。

 ところでこいつですが、これというところのない、実に平凡なペンですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040177

この記事へのトラックバック一覧です: 裾野、広がる:

« 感謝 | トップページ | 白状 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30