フォト

最近のトラックバック

« さぬきうどん | トップページ | 京都丸善 »

2015年9月12日 (土)

訪鳥

20150913_010042

 眠くてたまらない「ちち(仮名)」さん。この写真は、彼女が寝ているケージに飼い主が覆い被さるようにして撮ったもの。写真に写る彼女の左側に飼い主が断っているのですが、誰が近くにいようと関係ない、私は眠たいの、ということなのでしょう。太もものあたり、哀れなほどに毛が抜けておりますが、胸のあたりには新しい毛が生えそろってきていますので、換毛完了までもう一息、というところでしょう。

20150913_023420

 6年前の夏、生まれて初めて訪れた鳥取で見た、目が痛くなるほどの香りを放つ白檀萬年筆。これは絶対に手に入れたい、と思っていながら、注文もせずに放置すること1年半、4年前にようやく注文したのが最後の1本でした。さまざまな体験を積み重ね、その恵まれた容貌を活かした華やかな職業も経験された三代目の、これが最初のオリヂナル作品ですが、ねじの切り方もぎごちなく、ペン先は文句なしの鏝研ぎ。それでも、手持ちの萬年筆は一本だけ残してほかは没収、と言われたらこれを残すでしょう。

20150913_023404

 萬年筆もたまに出てくるワンコのBlogとして、駄文を垂れ流してはや7年ですが、この間、萬年筆を通じて実に多くの方と出会い、さらには駄文を読んでくださっている方との出会いもあって、さまざまなつながりを得ることができました。このペンなどは、そういうつながりがなければその存在すら知らないまま終わっていたはずのものです。

 最近は多忙を理由に変なモン探しもサボりがちなので、今日は何のネタでいこうかと「今日は何の日」なんてサイトを覗きに行くことも多いのですが、そこで本日が「鳥取県民の日」であることを知りました。鳥取県と同じく我が奈良県も、明治時代に一旦消滅して復活しております。鳥取の人はお客さんが来られる際に「来鳥」という表現を使われるようですが、残念ながら「来奈」とは言いませんね。

20150913_023608

 ダンディで美食家、活動的で頭が切れて、バリバリ仕事をこなす、自ら番を張っていると公言してはばからない人から譲ってもらったこのペンケースも、そういうつながりの証。普通に生きていたならば、そういう人とは絶対につながりなどできていなかったはずの私です。内気で面倒くさがりで見た目もさっぱりという私が、さまざまな方と愉しく交流させていただいているのは萬年筆のおかげです。面倒くさがらずに、手持ちの萬年筆をしっかりメンテナンスしなければバチが当たりますね。

« さぬきうどん | トップページ | 京都丸善 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040084

この記事へのトラックバック一覧です: 訪鳥:

« さぬきうどん | トップページ | 京都丸善 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30