フォト

最近のトラックバック

« さらさら | トップページ | じっとり »

2015年7月 8日 (水)

スエヒロ

20150708_230952

 激しく降る雨で、お散歩にも行けず、寝て過ごすしかない「ちち(仮名)」さん。毎日のように強い雨が降るのは、そろそろ梅雨が明ける兆しなのかもしれません。今日はいろいろとトラブルサムな1日だったようですが、私は朝から夕方まで、丸1日出張に出ておりましたので蚊帳の外。子どもの頃から運だけは強かった私です。

 その昔、松下幸之助さんは、採用者を選考するための面接で「あなたは運が強い方ですか?」と聞いていたそうです。もちろん正解は「はい」です。

20150614_171457

 京都、烏丸御池にある「わんこ堂」を訪ねて、帰りにお店の前に立つ幟を撮ったのですが、奥にはご覧の通り、焼肉屋さんがお店を構えています。これが潜在意識に残っていたのでしょう、この日の晩ご飯は京都駅八条口アバンティにあるスエヒロさんでお肉をいただいたのでした。

 何一つ満足にできない私ですが、人並み外れて運が強かったからこそ、妻と出会い、家族を持つことができたのです。そういえば結婚前から新婚だった時代、四条河原町や難波にあった「スエヒロ」というお店でステーキを食べる、というデートをよくしました。

20150614_180059

 当時は何も考えず、あ、ここにもスエヒロあるやん、という感じでしたが、調べてみるとこのスエヒロ、チェーン店ではなかったのですね。難波や四条河原町にあったお店には本当にお世話になりました。若くてフットワークは軽いけれど、お財布だってそれに負けないくらい軽かったので、お手頃価格でお肉が食べられるお店というのは貴重な存在でした。

 四条河原町の交差点から北へ、丸善の方へと歩いて行き、路地を入ったところに「京都のスエヒロ」はありました。最近見ないなぁ、潰れたんかなぁ、などと話していたのですが、アバンティにお店があるのを見て、懐かしさと食欲に負けてしまったのです。

20150614_180105

 スエヒロといえばこれ、棟方志功。懐かしいねといいつつお肉を焼いておりましたら、隣のテーブルに陣取ったご家族も、同じようなことを話されてました。けれど、「青春のスエヒロ」は、今目の前にあるスエヒロとは直接の関係はない、ということがはっきりしたのです。ここに、そのことが書かれています。私たちと同じように、「あそこにあったスエヒロはどうなった?」と聞く人が少なくないのでしょう。

 若かったあの頃、お肉が好きで松阪の和田金まで行ったものの、お店から仲居さんに見送られて出てくるお客さんを見ただけで「あかん」とそのまま引き返してきたこともありました。リーズナブルにすき焼きを、ということで向かった先は大阪難波のはり重さん。大阪のど真ん中にあるくせに、割り下を入れて作るすき焼きですが、おいしくてリーズナブルで・・・・・y.y.Dayに遠方から来る人を、ご案内してみましょうか。

« さらさら | トップページ | じっとり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65040018

この記事へのトラックバック一覧です: スエヒロ:

« さらさら | トップページ | じっとり »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31