フォト

最近のトラックバック

« 凶悪 | トップページ | 開通 »

2015年6月18日 (木)

彼我

20150517_113612

 本来なら、とっておきの1枚になるはずだったのに、惜しいところです。手前のこたつ布団にピントが来てしまって、「ちち(仮名)」さんがボケてしまっています。そのまた向こうの食卓がきれいにボケているので、彼女にばっちりピントが来ていればなぁ、と思うのですけれど、たぶん、撮影者はそんなこと気にしていないのだろうと思います。

20150614_145934

 京都大原の三千院にある売店で売られていた香炉。着物の袖の下から、あるいは胸の前にぶら下げた湯飲みのようなものから立ち上るようになっています。何とも妖しい香炉なので、思わず買い求めそうになったのですが、妻が「謎のこじん」と言ったのでそちらに気が向いてしまいました。

 「こじん」はもちろん胡人のこと。妻にしてみれば、この人のかぶり物をみて胡人、というところだったようですが、むしろ私は、このかぶり物だからこそ普通に中国のオッサンではないのか、と思ってしまいました。

20150614_120259

 どこにでもある、消火器のそばの使用説明書。英文が併記されていますが、ピンを抜きなさい、そしてホースを外して火元に向けなさいと、ここまでのところでは差異がありません。当たり前の話で、消火器を使って初期消火するのに母語による差があったらむしろおかしいのです。

20150614_120256_hdr_2

 で、この3番目の指示。どうにもこれが引っかかるのです。レバーを強く握る、というのは日本語でも英語でも書かれていることですが、「逆に言うと」日本語ではそれだけしか書かれていません。

 英語で書かれた指示の方が親切な感じがします。融通の利かない日本人、あるいは日本語を通常使っている人がこの指示を見たとき、消化剤の吹き出てくるホースの向きはどうなっているのでしょうか。そのひとつ前の指示の通り、火元に向けたままなのでしょうか。英語を使う、あるいは英語の説明を解した人は、ほうきで掃くみたいにホースを動かすのでしょうけれど、日本語の人はぼぉ~っと・・・・・まさかね。

 あらゆるところに、違う考え方やアプローチがあって、それがまたおもしろいですね。生で「逆に言うと」が聞きたい人は、7月19日、エルおおさかに「集合」です。第6回のy.y.Day開催まで、あと1ヶ月となりました。

« 凶悪 | トップページ | 開通 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039998

この記事へのトラックバック一覧です: 彼我:

« 凶悪 | トップページ | 開通 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30