フォト

最近のトラックバック

« 普通の人 | トップページ | 不覚! »

2015年6月12日 (金)

とっと

20150611_074212

 遠くを見つめて所在なげに過ごしている「ちち(仮名)」さん。そうすることが落ち着くからなのか、必ず前脚をケージの柵の間に通しています。それでも、何か「緊急事態」が発生した場合には、引っかかることなくさっと脚を抜いて立ち上がるあたりはさすがです。同じようにしていても、肥満体かつ老体の「くま(仮名)」さんの場合、立ち上がるまでの時間が倍以上かかります。

20150612_205607

 ただ単にこのフレーズに誘われて、あんまりおいしくはないのだろうなぁ、と思いつつ回転寿司店に入りました。直線距離26メートルのカウンター、その長さは寿司が流れるレーンの長さとほぼ同じです。本当に世界一の長さなのかどうかは不明で、実際、「(当社調べ)」というのがこのうしろに着くのです。

 30年前にはすでに存在していた寿司店が少しずつ形態を変えて今も存続しており、その支店がこちらのお店です。ちなみに本店の方は、寿司屋もあれば中華料理屋もある、古本屋やゲームセンターもあるという24時間営業のお店だったところで、今はリニューアルしてこぎれいになっているようですが、かつてはヤンキーのたまり場というような場所でした。

20150612_205411

 金曜の夜ですから、みんな呑みに行っているのでしょう。ご自慢の長い長いカウンターとその前のレーンは中央部だけが稼働していました。回転寿司屋ではありますが、寿司ロボットではなく職人さんの手握りで、実際、できたてのお寿司はなかなかのお味です。

 けれども私たちはお寿司の味よりも、このお店の長いカウンターとレーンを見に来たので、ある程度つまんだところで早々に引き上げました。カウンターの中にいる職人さんの口から、次々と「○○終了!」と声が出るので、何かを頼もうと思っても品切れと言われそうな感じがしたこと、そして昨日歯を抜いたばかりで今ひとつお口の中が不調だったということもあります。

20150612_215103

 帰宅する車中で、妻に見せられた扇子。先日、名古屋でのWAGNERに参加した折についでに買い求めてきたものですが、骨に肉球とおととの模様が打ち抜かれていたのですね。そういうことにはまるで気がつかず、ただ全体の形がにゃんこだというだけで買っていた私でした。気づき、ということは本当に大切です。

« 普通の人 | トップページ | 不覚! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039992

この記事へのトラックバック一覧です: とっと:

« 普通の人 | トップページ | 不覚! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31