フォト

最近のトラックバック

« こども | トップページ | もう古い? »

2015年5月 2日 (土)

選択乗車

20150426_230516

 天下泰平です。いつもならこうして肉球に「蜜蝋」を塗られると、嫌がってすぐに舐め取ってしまう「くま(仮名)」さんですが、眠たいときは何でもあり、なようです。いわゆるゴールデンウィークの五連休が始まりましたが、世間の皆さんが一斉に出かけるのを避けて、ひたすら空いているところで遊ぼうという魂胆の飼い主。しかしながら、同業者の多くはこの五連休のうち少なくとも2日や3日は部活動の対外試合引率で潰れてしまうはずです。お休みとは名ばかり、授業がないだけ少しは気が楽か、という程度の話です。

20150502_100528

 自宅の最寄り駅から乗れる近鉄線で、JRの駅と隣接しているところ、それもできるだけ近いところを探すと、この駅でした。近鉄京都線の新祝園駅とJR学研都市線の祝園駅は、名前こそ違えど同じ駅と言って良いでしょう。二つの駅の間を隔てるものは、遠い将来、近鉄けいはんな線が延伸されてきたときのためのホーム用地だけです。

 比較的距離の短い隣の駅までで120円、というのが、JRでは一番安く乗れるパターンとなります。これに、大都市近郊区間における選択乗車という特例を組み合わせると、120円で「大回り乗車」ができます。ではやってみましょう、というところですが、田舎住まいの悲しさで、隣の駅までの運賃が140円。それでも実際に電車に乗っている時間と距離とを考え合わせれば異様なほどの安さとなります。

20150502_094719

 JR西日本の大阪近郊区間。祝園駅は上の図で木津から放出に向かって2駅目です。いつも通り無計画なスタートで、早く来た電車が木津行きでしたので、まずは祝園から木津までの2駅、学研都市線に乗車。関西本線に乗り換えて加茂、さらに柘植をめざします。奈良県の自宅を出て京都府内から三重県。自宅を出てからここまで、約2時間半です。

 この大回り乗車、それがルール違反ではないという根拠や、ある意味鉄道会社の温情によって成り立っていることを知らずに、あるいは無視して強行する馬鹿者が多いので、「大都市近郊区間における選択乗車」そのものが良くないことだと思われているフシもあるようですが、そんなことはありません。安い運賃で愉しませていただいているという意識を持ち、継続困難となったときにはその地点までの運賃を精算する覚悟で臨むべし、というだけの話です。

20150502_114910

 こちらが三重県伊賀市にある柘植駅。右の方、紫色の車両はかの有名な新潟鐵工所謹製のキハ120で、JR西日本により車内トイレ設置改造済みのスペシャル仕様です。そして左の緑色の電車は、懐かしの113系ですが、もちろん高速化改造された5700番台です。草津線には221系も走っていますので、113系が来るとガッカリするべきところですが、こういうお遊びの時には旧車との出会いもまた愉しいものです。

 この時点でお昼前、ここから草津までは30分強で到着ですが、その先、米原経由で近江塩津まで行く乗り継ぎが悪く、近江塩津から網干行きの新快速電車に乗ったのは14時40分。そのまま「聖地」尼崎までうつらうつらと列車に揺られて、午後5時前に東西線、おおさか東線経由の直通快速なるレアな列車でJR奈良駅へ。近鉄奈良駅までバスで移動してから近鉄線で帰宅です。

20150502_114727

 結局、この柘植駅で「おかえりなさい」と書かれた階段を撮影したのを最後に写真も撮らず、ただただ車窓の風景を愉しんでいた1日でした。湖西線近江今津駅付近で車内検札があり、経路その他をきちんと記録しておいたものを見せて説明しましたので問題なしでしたが、前の席に座っていた老婦人の乗車経路が何とも謎でした。

 「どちらからのられましたか?」という車掌氏の問いに、「中津川から」と答えてらっしゃるのを聞いてびっくり、です。彼女は近江塩津駅より前から乗っていましたから、おそらくは始発の敦賀から乗っていたものと思われますが、中津川から敦賀へはどういう経路で行ったのでしょうか。社内で精算していた金額が2千円少々でしたから、ある程度のところまでの乗車券はお持ちだったのでしょう。それが中津川から(どこを経由して)どこまでの乗車券で、目的地はどこか、考えるだけで夜も眠れなくなっちゃう、です。

« こども | トップページ | もう古い? »

コメント

私、体のなかに鉄分を含んでいないので、九州地区大会に参加するときの往復6時間の乗車時間が苦痛でならないのですが、どうやったら車窓の外を流れる風景を楽しめるようになるものなのでしょうか?

 すいどう さん

 楽しめない人には苦痛でしかありませんよね。イヤホンつけて音楽でも聴きながら寝入ってしまう、というのが一番かと思います。これ、実際の話、私もよく乗る線区でやってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039951

この記事へのトラックバック一覧です: 選択乗車:

« こども | トップページ | もう古い? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31