« 甲冑・2 | トップページ | おかしいなぁ »

2015年5月18日 (月)

変なミント

20150517_210814

 をい、だいじょうぶかっ!と思わず声をかけてしまいました。「くま(仮名)」さんの座り方、前脚の折り方が人間様から見ると実に痛そうです。ワンコとしては別段何ともない折り方のようで、何であんたらそんなにワイワイ言うてるのん、というような顔をしておりました。

 そういえば、今年のy.y.Dayまであと2ヶ月。神戸や京都で開かれる萬年筆研究会WAGNERの会合もおもしろいのですが、y.y.Dayにはそれとはまた違った「別格の」おもしろさがあります。ぜひ、ご参加ください。

20150516_133924

 土曜日に開かれたWAGNER関西地区大会@神戸の会場に入ると、何本ものペンを握りしめて徘徊している人の姿が目に入りました。広島の二右衛門半こと、羅炊屋さんです。長いこと預かっておりました彼のペンをお返ししようと近づいていきますと、「これ、これですよ。ミント。珍しいの。」とシェーファーを差し出されました。

 魔改造で知られるM氏から譲ってもらった、とおっしゃるそのペン、たしかに「半」らしくない、きれいな1本です。いやしくも「半」である以上、きれいなペンなど持っていてはいけないのですが、これは怪しい人から怪しい人へと渡ったということで「アリ」でしょう。

20150516_133943

 こいつはスノーケル管の先が斜めにカットされていないタイプです。そういえばウチにも似たようなのがあったように思います、などとお話ししていたのですが、似ているのは軸の色と全体の見た目でした。

 ピンクの軸と、銀色のキャップ。いきなり目の前に突き出されると「似てる」と思いましたけれど、これはオープンニブで、我が家にあるのは巻きニブのものでした。

20150519_053459

 それにしても、シェーファーというのは変なブランドです。まぁその変なところが好きなので文句を言うつもりはなく、むしろこの世に存在してくれたことを感謝したいほどですが、魔改造氏のもとから出てきて「半」な人のところへ行くシェーファーとなると、妖しさ倍増ですね。

 そしてそのあと、私と広島半氏との会話は、妖しくも生真面目なマツダのスカイアクティブの話題へとなだれ込んでいったのでした。この妖しさ、楽しさこそが、WAGNERの会合に参加する目的なのかもしれません。

« 甲冑・2 | トップページ | おかしいなぁ »

コメント

従来の万年筆はペン先、ペン芯、胴軸などの社内にあるパーツ群を如何に活用するか、というアプローチだったと思いますが、プラチナ#3776センチュリー系はスカイアクティブ的な発想で万年筆を総合的に再検討、再構築しなおしたモデルではないか?と考えています。あれだけヒットしたのも宜なるかなと言ったところです。今後この様な力の入ったモデルが増えてくると良いなぁ。

 すいどう さん

 プラチナは萬年筆業界においては「かつての」日産っぽくて好きなのです。日産もスカイアクティブなみの飛び道具繰り出してあっと言わせてほしいのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変なミント:

« 甲冑・2 | トップページ | おかしいなぁ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック