フォト

最近のトラックバック

« 出会いと別れ | トップページ | 神は細部に »

2015年4月 1日 (水)

荒し

20150330_000810

 とうとう4月になりました。新年度の人事異動が発表となり、私の職場でもそれを受けて新年度の体制を決める会議が開かれました。私は例年通りのお仕事を頂戴して同じようにやっていくことになりました。その一方、同じ職場の中でも、参った、どうかこれがエイプリルフールのお遊びだと言ってくれ!という悲痛な叫びをあげそうな人もおりました。どの人にとっても、短かったなぁ、と感じられる1年であることを祈りたいと思います。

20150331_203025

 年度初めの猛烈に忙しいこの時期に、今日のネタは何にしようかと考えなくて良いのは本当に助かります。住宅街の中にある小さな公園に、本当に見事な桜が咲いていますが、私のところでは桜は今が盛りで、入学式の頃までは持ちそうにありません。

 ここは、大仏鐵道記念公園という場所で、明治の頃に走っていた大仏鐵道という軽便鉄道をしのぶものとして作られたようです。公園には蒸気機関車の動輪のようなものが飾られていますが、なにせ9年間しか営業していなかった「幻の」と言われる鐵道ですので、史料などが残っていようはずもありません。

P4010056

 桜の花とピンクつながりで、ル・ボナーの小銭入れ。妻と二人、お店にお邪魔した折にボンジョルノ師が作成されていたものです。例によって、おいしいコーヒーをいただき、あれやこれやととりとめもない話をすること数時間。このお店で座ってしまうと、本当に時間の流れが速くなります。そんな話の流れの中で、お一ついかがですか、とすすめていただいて、一番革の表情が良いものを選ぶという贅沢をさせていただきました。

P4010058

 例によって邪悪な用途に使うのが目的でして、このように仕事で使うUSBフラッシュメモリを収納して持ち歩こう、というわけです。写真のメモリにはじゃらじゃらとついておりますから収まりませんが、何もなければ2、3本は入ります。ちなみに私はハードウェア的に暗号化されるポータブルHDDを使っていますので、これは妻が使うものです。

P4010057

 実際、このようにじゃらじゃらの部分だけ外に出してふたを閉じることもできます。例によって、ル・ボナーの製品は見た目以上にものが入る、といういつものパターンです。

 それではそろそろおいとまします、とお店を辞して、最寄りの駅までもう少し、というところで、後ろから追ってくる人の気配。なんと、ハミさんが息を切らして走ってこられて、「これもどうぞ!」と頂き物。誠に申し訳ない限りで、ご挨拶に行ったつもりが荒らしに行ったような結果になってしまいました。そして、そのときいただいたものは、またしっかりと拙Blogのネタに取り上げさせていただく、というありがたいお話です。

« 出会いと別れ | トップページ | 神は細部に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039920

この記事へのトラックバック一覧です: 荒し:

« 出会いと別れ | トップページ | 神は細部に »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30