フォト

最近のトラックバック

« さんちかホール | トップページ | 出会いと別れ »

2015年3月30日 (月)

キーワード

20150330_211127

 もう春だというのに、なぜか布団をかぶって寝ている「ちち(仮名)」さん。彼女は寝床を整えるのが得意ですが、気がつくとこうして何かに潜り込んで寝ていることがよくあります。残念なことに今まで、こうして何かに潜り込むその瞬間を目撃したことがないので、潜り込むのか、咥えて引っ張ってくるのか、その辺は定かではありません。ただ、彼女自身、こういうことをすると飼い主たちが喜ぶみたいだ、ということには気づいているようです。

20150330_002241

 神戸のナガサワ文具センターが開催中のステーショナリーショウ2015会場で、最初に目についたのがこちらでした。正しくは、このボールペンそのものより、そのディスプレイに踊るキーワードに反応したのです。そこにあった文字は、「万年筆」そして、「筆圧」というものでした。

 セーラー万年筆のG-FREEというボールペン。油性インクを使うものでありながら、滑らかでストレスフリーの書き味を謳っています。

Img

 こちらのページで大々的に紹介されておりますが、軸の中にサスペンションが内蔵されていて、その反発力が調整できるというところが最大の特徴です。日本で最初にボールペンを世に送り出したセーラー万年筆の面目躍如というところでしょうか。

20150330_002347

 バインダーなどにも楽々挟むことが可能な大ぶりなクリップは、それ自体がペン先のリリースボタンを兼ねています。支点となっているノックボタン側を押すと、クリップ先端が抑えているスライド部分が解き放たれてペン先が引っ込むようになっています。

20150330_002410

 これが筆圧アジャスター。ノックボタンを右に回すと固く、左に回すと柔らかくなる、というものです。これも、使い始めてしばらくの間こそいろいろいじるのでしょうけれど、そのうちその存在すら忘れてしまいそうな気がします。実際、人間なんてものはなんだかんだ言っても慣れやすいもので、固い書き味でも柔らかい書き味でも、結局はそれに慣れてしまいます。

20150330_002505

 同行していた妻が「またも」ボールペンのリフィルを探しているので、そのわけを尋ねると、実際に彼女はインクを使い切ることが多いのだそうです。4Cリフィルなど容量の小さなものならともかく、私はほとんどボールペンのインクを使い切ったことがありません。けれど、妻曰く、しっかりと事務仕事をしていれば、ボールペンのインクなんてすぐになくなるものなのだそうです。そういう風にしっかりと仕事をする人には、筆圧を調整できるボールペンも意義あるものなのかもしれません。

20150330_002319

« さんちかホール | トップページ | 出会いと別れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039918

この記事へのトラックバック一覧です: キーワード:

« さんちかホール | トップページ | 出会いと別れ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30