フォト

最近のトラックバック

« ミスターカトウ | トップページ | 怪しいもの »

2014年12月17日 (水)

smooth

20141217_225457

 大あくびの「くま(仮名)」さん。この直前まで、何か夢を見ていたのでしょう、目を閉じたままキュンキュンと切なげに鳴いていたそうです。家族の誰かがケージのそばを通るたび、遊んで頂戴、おやつを頂戴とねだっている、そんな夢を見ていたのかもしれません。めったに吠えない彼女ですけれど、玄関先を猫が通り過ぎたときなどは、背筋をぴんと伸ばして座り、おもむろにワンと吠えます。そういう夢を見ることもあるらしく、眠ったまま小さな声でワンワンと吠えていることもあります。実に面白いワンコです。

20141214_165805

 ついこの間まで、あちらこちらにカボチャの提灯が置かれていたのに、気がつくとそこらじゅうでチカチカ輝く樅の木を見かけるようになりました。ファッションや流行り物に縁も興味もないオッサンというのはその程度の感覚しかないものです。クリスマスなんて気がつかないうちに終わっていて、なんとなく餅を食べているうちに、なぜか豆の数を数えている、なんてことになるのです。Blogを書いているので、今日が何日か、なんて意識はあるものの、毎晩PCに向かって「もうそんなになるのかぁ!」なんて驚いているような状態です。

20141214_172218

 何とも言えない微妙なカーヴ、何というペンだろうと思ってよく見るとクリップにPILOTの文字。これ、何かおわかりでしょうか。微妙に膨らんでいるところだけを見れば「バンブー」とかいう声も聞こえてきそうですが、もちろん違います。実はこれ、比較的初期の頃のキャップレスなのですが、軸に傷があるのを気にしたオーナーがプラリペアで肉盛りしたものです。

 写真の撮り方で指が太く写っている・・・・・いや、指だけではありません。けったいなペンを集めている新婚さんとか、怖い奥さんの目を盗んでWAGNERに参加している人なんかと並ぶと時空が歪んでしまうんではないか、と心配されるあの人がこのペンのオーナーです。

20141214_172315

 このキャップレスのオーナーであるTさんは、ル・ボナーに四菱などという「半」な萬年筆を持ち込んで、それと引き替えにキャップレスに革を巻いてくれぇ、と申し出られたのだそうです。件の四菱萬年筆、写真に収めようかとも思いましたが、インキ止め式でしたので、「こんなのは私の萬年筆ではない師匠のお言葉を思い出してやめました。

 問題はキャップレスの方です。オーナーとしては傷を隠すために肉盛りしたのは失敗かもしれないと感じていて、それを覆い隠すためには革を巻いてもらうのが良かろう、と思われたそうですが、冒頭の写真のように膨らんでいると、そのカーヴがそのまま外に出てしまいます。優秀な衣装といえど、体型は隠せない、というわけです。

20141214_172920

 そこで、何の責任もない私は、気楽に「削りましょう」と提案しました。コテ研ぎの家元がお使いになった、歴史的資産ともいうべきサンドペーパーでごりごりとやること数分、オーナーのためらいが形に出てしまい、まだまだ膨らみが残っています。そこで、家元からコテ研ぎとは何か、ということをしっかりと講義していただき、気持ちも新たに削ること数分、ようやく、元のラインに近いところまで仕上げることができました。

20141214_174551

 これなら、無様に膨らんでいたこともわかりません。これまで試したことがない革で巻いてみましょう、ということで、ちょうど工房の机の上に転がっていた茶色のブッテーロを薄く割って巻かれたキャップレスは、最初からその姿で世に出たかのような仕上がりです。焼きごてで熱を加えることはしていませんが、しっかりと「念」が入れられた端部の仕上げなどはいつもながらお見事です。すべすべしているけれども、滑るわけでもなく、握るとしっとりと手になじむ感じです。あとは、オーナーがしっかりと磨き上げてエイジングするだけですね。

20141214_174522

« ミスターカトウ | トップページ | 怪しいもの »

コメント

先日は、ありがとうございました。時空のゆがみTです。
いやー太い指ですね。おまけに指が短いので…
うん、不気味です。

それはさておき、家元殿に巻いていただいた万年筆は使って見た結果、革小物を触って楽しむ心地よさと、万年筆を書く二つの楽しさを同時に味わえる優れものです。
多少厚めでシボの無い革なので、エイジングした時のフィット感が楽しみです。
家元殿に感謝です。

 烏口 さん

 えぇっ、そういうハンドルネームをお持ちだったのですか。なんと・・・(絶句している様子)

 かのケロ御大が「ゆきみ」さんというハンドルをお持ちだったというのは、ケロリンさんという名前が全国区になってから初めて公になりました。Tさんのハンドルを知っている方も身の周りには少ないように思います。

 学生時代のクリスマス、製図の課題に取り組んでいて、下書きに墨を入れているとき、さぁあと数本、というところで烏口からボタッ、というのを思い出しました。

 ル・ボナーさんでこのキャップレスを握らせてもらったとき、「ほ、ほしい」と思ったのは内緒です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039815

この記事へのトラックバック一覧です: smooth:

« ミスターカトウ | トップページ | 怪しいもの »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31