フォト

最近のトラックバック

« 変なモン@岡崎 | トップページ | ミスターカトウ »

2014年12月15日 (月)

包む

51_2

 ただ着せただけでは嫌がって脱いでしまうから、というだけの理由で、こんなコトをしても許されるのでしょうか。それでもご本人(犬)は、案外暖かいなぁ、なんて感じでまったりと過ごしているようです。基本的に犬はかぶり物や着るものなどを嫌がるはずです。我が家のワンコたちも、もうすぐお正月やなぁ、また羊のかぶり物させられるんやろなぁ、いややなぁ・・・・・と思っているのかもしれません。

 「ちち(仮名)」さんの場合、「くま(仮名)」さんがよく布団を被せられていて、それを見て飼い主たちが喜んでいるのを見ていますから、内心、おいしぃなぁ、と思っていたはずです。自分もかまってもらえた、ということで、嫌だけれど嬉しい、というところかもしれません。

20141214_145251_2

 どこの柿の葉寿司が一番おいしいのか、と聞かれても、味覚音痴の私にはわかりません。個人的には、入江泰吉先生が唯一召し上がったという川上村にある「大滝茶屋」のものや、大峰山の麓、洞川にある柳豊のものなどが好みです。どちらのお店もこの寒い時期には営業していませんので、また暖かくなるまでお預けです。

 これから寒くなって、鯖も脂がのってくる時期ですから、吉野山の「ひょうたろう」さんなども良いかもしれません。高野山の麓、和歌山県の九度山にある「九和楽」さんのもおいしいのですが、食べたあと喉が渇くところが残念です。マイルドで、しかもこってり。むずかしいところです。

20141214_145401_2

 東京は日本橋室町にある奈良県のアンテナショップ、奈良まほろば館で販売されている柿の葉寿司も、たしかこの山の辺さんのものだったと記憶しています。11月に入り、奈良県内の比較的高度の低いところでも紅葉が見られるようになると、このお店では色づいた柿の葉でお寿司を包んで販売されます。色づいた葉が豊富にある11月中旬あたりですと、箱を開けたら全面紅葉、という見事な見た目なのですが、今の時期は葉がなくなってきていますので、塩漬け保存した緑色の葉との併用です。

20141214_141433_2

 お使い物にするために、事前にお店に電話をかけて、取り置きをしてもらっておいたのですが、お店に到着しますと、「見てもらってから包もうと思って。」と箱詰めされた状態のものを見せてくださいました。明日香村でもかなりはずれのほう、もうすぐ桜井市だというあたりにある飛鳥資料館の東側、小さなプレハブのお店で営業されています。他の場所でも買えることは買えるのですが、いろいろと注文を聞いてもらうには本店へ行くしかありません。

 もうそろそろ、「暮も押しせまって」なんてことを言う時期になりました。この一年もまた、無為に過ごしてしまったなぁ、と反省しつつ、では一体、有意義に過ごすとはどういうことなのか、その結果どうなるのか、なんてことを思ってしまう、ひねくれ者の私です。

« 変なモン@岡崎 | トップページ | ミスターカトウ »

コメント

つきみそうさん、こんちはー。

悟りを開いたようなちち(仮名)さんがキュートw

柿の葉寿司の柿の葉はたしか、柿の葉に殺菌作用があって日持ちするということで使われているはずですけど、この色づいた葉に同様の効果は期待できるのでしょうか??

dog

 ぽち さん

 柿の葉には殺菌作用があり、栄養もあるから、ということで柿の葉に包んだまま食べてしまう人もいます。それをおいしいと言っている人はあまり知りません。

 柿の葉がとれない地域では朴の葉で包みます。実際、洞川の柳豊さんでは6月あたりに朴の葉で包んだお寿司が売られています。

 色づいた柿の葉に殺菌作用が期待できるのかどうか。それはわかりません。柿の葉寿司そのものが、作りたてよりも1日か2日おいたものを食べるものですから、殺菌作用は大切ですが、今の時代は賞味期限っていう「神」が君臨していますから、殺菌作用はどうでもいい、というのが結論かもしれません。

そうですねえ。
できたては酢の風味がきつすぎる気がしますね。
少し日を置いて、ご飯がもっちりねっとりして
鯖がなじんできた頃が一番好きです。
今は冷蔵庫があり、雑菌が繁殖しにくいので
大丈夫なのでしょう。
桜餅は葉っぱごと食べるのが好きですが、さすがに
柿の葉寿司の葉っぱは食べませんw
天ぷらにして食べるとかw
そういや関東では桜餅は関西で言う桜餅とは違って
和風クレープみたいなヤツで、関西風の桜餅は
道明寺と呼んでいますから、違和感があります・・・。

dog

 ぽち さん

 関東だと歌舞伎揚げといってでっかいおかきなのが、関西ではぼんち揚げといって小さいです。これが香川県へ行くと、さらに甘みの強いものになります。そういえば香川県にはお雑煮にあん餅を入れる地域があるそうですね。

 和歌山のなれ寿司なんかは、柿の葉寿司を少しおいてから食べる人にお勧めです。そういう人なら、平気だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039813

この記事へのトラックバック一覧です: 包む:

« 変なモン@岡崎 | トップページ | ミスターカトウ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30