フォト

最近のトラックバック

« 香 | トップページ | 神戸の忘年会 »

2014年12月 5日 (金)

ICT

 20141205_063042

 静かに眠っている「くま(仮名)」さん。ちょうど払暁というべき時間帯です。ここのところ、未明の時間帯に起き出してケージの中でガサゴソと暴れ、人の姿を見るときゅんきゅん鳴くということが続いていた彼女。同時に粗相をしたりもするので、これは老化による認知症か、などと話していたのですが、昨夜はぐっすりと眠れたようです。それは、同じ部屋で意識を失ったまま朝を迎えようとしている家族にとっても福音です。すなわち、彼女が静かにしていれば朝まで意識を取り戻すことなく過ごすことができるのです。

20141206_021151

 私の勤務先では今、iPadを導入したらどのように教育効果が上がるのか、などという夢のような研究に取り組んでいます。実際、ある特定の分野においては効果が上がることも実証されていますが、こういったICT機器を導入すればすべてうまくいく、というわけでもありません。それでも、文句ばっかり言っていても始まりませんから、どんな分野でもいいからとにかく活用してみよう、ということになっています。そこで、この ロイロノート というアプリを使って、職場体験で学んだことを発表させてみよう、ということになりました。

20141206_021247

 アプリを起動するとこんな画面になって、テキストや画像など、さまざまなカードを作って画面上に並べていき、それらを有機的につないでいって・・・・・というものです。PowerPointやKeyNoteなどと使う代わりに、こいつでプレゼンテーションさせようというわけですが、残念ながら生徒たちはこのアプリを使った経験がありません。そこで、実際にプレゼンテーションを作成する作業を始める前に、私がこのアプリの使い方をレクチャーすることになりました。

  それはそれでいいのですけれど、そのお話がまとまったのが木曜日の夕刻。生徒たちは、職場体験学習についてまとめる作業を来週火曜日の4時間目から始めるのですが、その前に、このアプリについて学習する時間をとってほしい、と言われました。けれど、すでに時間割はできあがっていて生徒には連絡済みですから、火曜日以降の時間割を変更することしかできません。要するに、火曜日の1~3時間目の間に、3つのクラスにこのアプリの使い方を教える授業をしてくれ、というわけです。

20141206_021545

 どうしてそんな、毎度毎度思いつきで事を進めるのか理解できませんが、多大な犠牲を払って何とか時間割に割り込ませることに成功して、今、私はこのアプリの勉強中です。萬年筆、という緑のカードから2本の矢印を引き出して、趣味と実用という2枚のカードにそれぞれつなげてやろう、と思ったのですが、どうやらできないみたいですね。あるいは、どこかをごにょごにょやるとできるのかもしれません。こんな風にして、教育現場でのICT機器機器の活用、というのが進んでいくわけです。

« 香 | トップページ | 神戸の忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039803

この記事へのトラックバック一覧です: ICT:

« 香 | トップページ | 神戸の忘年会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31