フォト

最近のトラックバック

« 固まった・・・ | トップページ | 実にマニアック・1 »

2014年11月10日 (月)

飽きが早い

20141111_044146

 ふと気がつくと、「ちち(仮名)」さんがこちらを見ていました。炬燵に足を突っ込んで寝転がったまま、ケーブルテレビを見ていたところまでは記憶にあるのですが、何の番組を見ていたのか、もちろんその番組の内容がどうだったのかもおぼろげな記憶です。

 フローリングの上にカーペットを敷いただけの固い床に寝転がっていると、大変に楽ちんです。寝たり起きたり、寝返りをうったりするときは地獄ですけれど、あ、これは楽だと感じる姿勢に入るとすぅ~っと意識が遠のいてしまいました。これでは、毎晩のように布団にも入らず突然死を続けるということになってしまいそうですが、そうなると今度は風邪をひくことになるのでしょう。難儀なオッサンです。

20141111_044654

 先日のデスクペンを磨こうと、まずは台から回転式のカレンダーを外すべくぐるぐる回してみたのですが、このぐらい浮き上がったところからいっこうに外れる気配がありません。おそらく台の中にナットがあって、それが共回りしているのでしょう。そうなると行き着く先はロクなことにならない感じがしたので、カレンダー部分を外すのを諦めました。

20141111_044226

 埃まみれのお姿で発見された3Aパール。まずはこの蓋に積もった埃を取り除いて綺麗にしてから、台座につけてごしごし磨いていきます。使用後、結構しっかり手を洗ったつもりでも、いつまでも匂いが残りますね。お湯と石鹸で念入りに洗ってみましたが、それでもダメなようです。まぁ、それぐらいの根性がないと、磨く対象物を綺麗にするなんて働きはできないのでしょう。

20141111_045156

 右の方が磨き上げた後、左の方が磨く前の状態です。埃が積もったものが固着したという感じが良くわかります。濡れ雑巾で拭いたぐらいでは、この汚れは落ちません。鏡に着いたウロコ汚れぐらいの頑固な感じです。根気のないオッサンはこのぐらい磨いたところで飽きてきました。あとは、バイト料払って子どもたちにでも磨いてもらおうか、などと横着なことを考えてしまいます。

20141111_045408

 PIVOT、でしょうか。どうやらペン先は鉄ペンのようです。舶来ものかと思っていましたが国産品、それもれっきとした「なんちゃってPILOT系」のものだったのですね。人の記憶というのはアテにならないもので、尻軸を外してみると内部の空洞部分が異様に小さなスペースで、ヨーロッパタイプのショートカートリッヂでも収まりそうにありません。さてはこれ、つけペンなのでしょうか。そのあたりは、いずれWAGNERにでも持ち込んで碩学の皆様に教えを請うてみたいと思います。

« 固まった・・・ | トップページ | 実にマニアック・1 »

コメント

こういう汚れには超電解水を噴霧すると見違えるように綺麗になりますよぅ。お試しあれ。

 pelikan_1931師匠

 あっ・・・・・

 PILOTならぬPIVOTで、超電解水。そういえば色彩雫でさえも超電解水でけっこう落とせるのでした。まずはそれで表面の汚れを落としてから、ケロ御大に磨きに出すことにします。

例えPIVOTであったとしても、立派なペンブラントだったということでしょうか?だってJISマーク付いてるし…実はこれもパクりでUISマークとかではないですよね!?

 すいどう さん

 JISマークはほんまもんでしょう。萬年筆作ってて我々が知らないようなメーカーでも認証とれたのか、ペン先だけそういう所から仕入れてたのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039778

この記事へのトラックバック一覧です: 飽きが早い:

« 固まった・・・ | トップページ | 実にマニアック・1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30