フォト

最近のトラックバック

« 上置き・1 | トップページ | トマトの日・・・やった »

2014年10月10日 (金)

上置き・2

20141006_075037

 きれいに「まとまって」寝ている「くま(仮名)」さん。身の周りはいつも散らかし放題な私ですけれど、ごちゃごちゃしている光景というのは好きではなくて、ときおり、発作的に片付けを始めたりすることがあります。整頓は苦手ですけれど、整理という名の「面倒だからどんどん捨てる」という行為ならできます。

 今回は、iPadが収納されているワゴンの上に適当に置かれた物品を綺麗にまとめようというプロジェクト。ある意味、私が最も苦手とするものです。

20141009_154725

 ワゴンと一緒に持ち運ぶ必要があるものは、MacBook、HDD、無線LANのルータ、そしてイーサネットのハブ、そしてappleTVです。ルータだけは、ハブからのイーサネットケーブルで給電されますが、それ以外はすべてACアダプタが必要な機器です。 

20141009_154835

 プロトタイプでは、MacBookとルータを箱の屋上に置き、それ以外のものを中に押し込めていましたが、正式版では更にすっきりと、この3点を箱の中に押し込めよう、と考えました。この3点を収めただけでほぼスペースが埋まりますが、実際にはこのほかにACアダプタアダプタやテーブルタップなども押し込める必要があります。また、イーサネットケーブルを抜き挿しする必要が出てくることもあるため、ハブが隠れていては使い勝手が悪くなります。

20141009_180744

 プロトタイプはそこら辺で拾った廃材の組み合わせで、精度もイマイチでした。今回はきっちり精度を出すために気合いを入れて製作しておりますが、この工作台、完全に水平ではない上に場所によって高さが違うので、この時点ですでに歪みが生じてしまいます。そこを父君で組み立てていくのがけっこう難儀な作業でした。プロトタイプは一体型でしたが、正規版はワゴンの上にセットする写真の本体部分と、その上に被せる蓋の2ピース構造としました。蓋になる部分の左右の動きを規制するために、枠の四隅に小さな木片を立ててあるのです。

20141010_132026

 各パーツの精度をきっちり出したので、今回は釘を使わず、接着剤のみによる接合です。荷重を受けるのはワゴン本体で、蓋の部分もMacBookとハブの重みに耐えればよいので、強度的には問題ありません。むしろ問題は完成後。内部に収めなければならないものがこれだけあって、整頓が苦手な私は、何を、どこに、どう収めたらよいものか、現物を前に、しばし途方に暮れておりました。今日は職場の懇親会があるので、この時点で時間切れ。無念に思いながら退勤しようとしたそのとき、あまり嬉しくない助けが入ります。

20141010_132009

 三連休明けの火曜日、県内の各中学校から進路担当の教員が集まる会合があるのですが、私はその会合の運営担当者の一人。教員の会合なので、気象警報が出ても実施する、と決めてあったのですが、台風19号のあまりの強大ぶりに、「危なそうな時は中止する。」と急遽変更されたのです。要は当日の朝になってみないと実施するかどうかわからない、という運動会みたいな状況です。各中学校から、当日参加する先生方の連絡先を私宛に知らせる、ということになったので、私は一人、学校で電話が鳴るのを待つことになったのです。

20141010_190716

 広い職員室にただ一人。ときおり鳴る電話は、忘れ物をとりに行ってもいいですか、とか、○○先生はいらっしゃいますか、なんてものばかり。ときおり携帯電話が鳴って、おぃ、宴たけなわやぞ、何してる、早よ来い!なんて泣かせる呼びかけもありますが、ごめんねと応えるしかありません。

 時間はたっぷりあるので、パズルを解くように、あぁでもないこぅでもないと配置を考え、ケーブルをできるだけコンパクトに巻いたりして、だいたいこんな感じに落ち着きました。

20141010_194226

 けっこうすっきりと収まりました。左が初號機で中学校用、右が弐号機で小学校用です。当初、箱の中に収める予定であったappleTVは、スペースの問題と、小さなものなのでいつも目につくところがよい、ということで屋上に。近いうちに、iPadの端子からHDMIへの変換アダプタとともに小さなプラケースか何かに収めて運用する予定です。

20141010_194237

 初號機と弐號機の違いは、目玉の数や機体の色ではありません。小学校の教室へ行くにはいくつもの段差を乗り越えなければならず、そのたびにMacBookを落としそうで怖い、という声があったので、MacBookが滑り落ちないように屋上に枠をつけました。写真右側の報にぴったりとくっつけてしまうと、液晶画面を開ける時に手をかけにくいので、とりあえず暫定的にスペーサをかましてあります。

20141010_190647

 運用時のイメージ。各教室にイーサネットの接続口があるので、そこからワゴン屋上のハブにケーブルをつなぐことで、教室内も無線LAN環境となります。必要なケーブルしか見えない状態なので、何をどこにつないでいいかわからない、と教員が教室でパニックになることも防げます。

 うまくできあがって何よりですが、ショックだったのは、この上置きを同僚に披露した時のこと。「おぉ、きっちり嵌まってる!ガタガタせぇへん。蓋がちゃんと閉まる!」って、おぃ、ワシを誰やと思てんねん。これでも技術の先生やねんで・・・・・。

« 上置き・1 | トップページ | トマトの日・・・やった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039746

この記事へのトラックバック一覧です: 上置き・2:

« 上置き・1 | トップページ | トマトの日・・・やった »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30