フォト

最近のトラックバック

« まだ生きてた? | トップページ | ジェネレーションズ »

2014年8月 9日 (土)

盆帰り

20140807_212353_2

 どういうわけか、餌鉢を枕にして眠るのが大好きな「くま(仮名)」さん。人間基準で考えると、首のあたりが餌鉢の縁にぶつかって痛いのじゃないかと思うのですが、「親切に」よけてやってもいつのまにかまたしいているところを見ると、やはり気に入って、わざとやっているのでしょう。

 私がまだ若かった頃、先輩からは「宴会も仕事のうち」と教えられておりました。そして、夏休みには「研修旅行」というものがあって、どちらも酒を呑むのは辛かったものの、先輩たちと様々なテーマで語り合い、それは今も大きな財産となって残っています。今や絶滅危惧種となっている研修旅行ですが、嬉しいことに我が職場では健在。それが本日出発の予定だったのですが、幹事さんが考え抜いて決めた目的地が四国のど真ん中、大歩危小歩危ということで、残念ながら中止となってしまいました。

Sidebner_50thcp

 水曜日の夜だったでしょうか、尼崎在住の人が「土曜日に水道橋WAGNER行こうかな」なんてSNSに書き込んでいるのを見て、「はぁい、僕も行きます。」と手を挙げてしまいました。東海道新幹線開業50周年記念で、こだま号限定ながらグリーン車利用、1万円を切るお値段で東京まで乗せてあげよう、というので、使ってみる機会を狙っていたのです。

 実は家庭の事情で職員旅行には不参加の予定でしたので、その同じ日に余所へ遊びに行くなんて、ということで自粛していたものの、台風の影響で職員旅行そのものが中止。ならば遠慮することもないだろう、というわけです。東京行きで一番早いこだま号は、京都駅7時59分発。これで東京駅には11時47分に着くので、お昼過ぎには水道橋内海に出現できます。

20140809_121322

 なんでも、世間様はお盆帰省のピークだそうで、東京駅の構内は大混雑。新幹線ホームから中央線ホームまで横断するのに、通常の倍近い時間がかかりました。内海で開かれるWAGNERに参加させてもらうのは初めてでしたが、あまりにもあっけなく到着。便利すぎる会場です。

 会場には、秋田から赤ずきん半さんがお見えで、その他、大阪府、兵庫県、そして私が奈良県からの参加。みんな遠いところから良く来るなぁ、と自分のことを棚に上げて感心していたのですが、上には上、インドからの参加者(笑)もいらっしゃって、お盆らしさを感じたことでした。

20140809_223343_2

 奈良県各地に気象警報が出て大騒ぎとなっている中、例によって新幹線車中で気持ちよく眠りに落ちて、目覚めるのはいつもこのあたりです。本当に不思議なのですが、新横浜を出たあたりで意識を失って、次に目を開けたときには車内の表示器に「ただいま三河安城駅を通過中」と出ている、というのが東京から帰ってくるときのいつものパターンです。深夜のご帰館となった自宅ではワンコたちが温かく出迎えてくれて、風雨も嵐の前の静けさで小康状態。明日は大荒れになりそうです。

« まだ生きてた? | トップページ | ジェネレーションズ »

コメント

その節は失礼致しました。8月の内海につきみそう様がいらっしゃるとは夢にも思わず、眠さもあって何かブチかましてしまったやうな… (汗
昨日は本会終了時点で早々に失礼してしまい、お話しする機会を逸したのが残念です。わんこたちの本名とか。 (笑)
またどこかの会場でお会いできると嬉しいです。

# なかなか関西方面まで行けず、来ていただくばかりで恐縮ですが… (^^;)
# あ、8月京都には帰省がてら手ぶらで参加させていただく予定です。

 ヴワル図書館 さん

 こちらこそ、失礼をいたしました。

 地獄のように暑い京都でお会いできれば、と思っております。それにしても、移動図書館、すごいですね。蔵書もさることながら、それを持ち込んでくださる、というところに脱帽です。また、図書館開館日にゆっくりお邪魔したいと思います。

昨日は楽しいお話をありがとうございました。
また是非お話しできたらと思います。
何度か夏の京都に行ったことがありますが、そのたびに、『京都は夏にくるところではない!』と思い知らされます。ホントに暑いという思い出ばかり。
くま(仮名)さんとちち(仮名)さんによろしくお伝え下さい。w

dog

 ぽち さん

 東京でのWAGNER、一時は宴会に参加される方が少なかったと聞いていましたが、昨日は楽しく過ごさせていただいてありがとうございました。よろしければ暑さと闘いに来てくださいませ。

遠くからありがとうございました(笑)
水道橋はお初だったのですね。
京都は厳しいですが、またどこかで楽しいお話聞かせてください。

 赤ずきん半 さん

 私などはごくたまに、それも東海道新幹線という便利なものを使っていくだけですので、費用以外はたいしたことありません。赤ずきん半さんこそ、比較的奥まった秋田という場所をものともせず、あちこち顔を出されているのには感心いたします。もし、松江が休日だったら・・・想像するのはやめましょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039683

この記事へのトラックバック一覧です: 盆帰り:

« まだ生きてた? | トップページ | ジェネレーションズ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30