フォト

最近のトラックバック

« 日曜日は、y.y.Day | トップページ | コウヤサン »

2014年7月20日 (日)

y.y.Day 5th

20140721_181713_2

 身繕いに余念のない「くま(仮名)」さん。飼い主がこの姿を見たのは夜も更けた頃でした。7月20日はy.y.Day、と呼びかけを続けてきて、今日がその当日でした。幸いにも、80名を超える方に遊びに来ていただいて、少しは萬年筆の裾野を広げることに貢献できたのではないかと思います。

 会場には、よくお見かけする方、すなわちWAGNERの会員でもある方が数多く来てくださっていましたが、この人は見たことがないなぁ、という方も少なからずいらっしゃいました。会場内のあちこちで、あるいは講師を務めてくださっている方に代わって店番をしているときなど、本当にこの人、萬年筆については何もご存じないのだなぁ、という方とお話をする機械がありました。萬年筆って、面白いかも、と思ってもらえたとしたら嬉しいですし、萬年筆を趣味とする人との交流ってもっと楽しいなぁ、と思ってくださったとしたら最高に嬉しいです。

20140720_130935

 廊下を挟んでお向かいの会議室では、こんな集まりも。この世の欲にまみれた(笑)萬年筆趣味の皆さんがワイワイやっている会議室と、わずか幅2メートルほどの廊下を挟んだだけの別の会議室。どうやらそちらでは、皆さんで精神を統一していらっしゃったようです。

 お一人で座ってらっしゃる方には、できるだけお声をかけて、何かお話が弾むきっかけを作るようにつとめていたのですけれど、十分ではありませんでした。来てはみたけれど、誰とも話せなかったなぁ、という方がいらっしゃったとすれば、申し訳ないことをしてしまいました。

20140720_120829

 萬年筆組み立て教室のようすです。小さな子どもから大人まで、講師の話を熱心に聞いて、おっかなびっくりながらも、最後は見事に組み立てを完了していらっしゃいました。途中、カートリッヂを挿し込む行程では、本当にここに、こんな風に挿し込んでいいのだろうか、と心配される方もいらっしゃって、あぁ、これでこそこの講座を開いた値打ちがある、と感じました。

 鉄ペンですし、けっしてすばらしい書き味だとは言えないかもしれません。けれどもこのペンは、初体験という人にとっては、「人生で初めて、自分の手で萬年筆を組み上げた」という、記念すべき一本なのです。何だ、その安っぽいのは、と誰かに言われようとも、その人の萬年筆ライフの中では忘れることのできない一本、胸を張れる一本なのです。

20140721_015314

 こういう会合では、久しぶりにお会いする人、よくお会いする人、それぞれに何かをくださることがあって、いつももらいっぱなしで大変申し訳ないのですけれど、今回もまた、もらってしまいました。粗品っぽいタオルに書かれた、秋田県だじゃく組合連合会なる組織。これって実は、良識あるヘンタイ倶楽部よりもっともっとおおっぴらに名乗りにくい組織なのではないでしょうか。私はこういうの、大好きですけれども・・・・・。

 そして、奥様がクラフトやってるから、といただいたのが革のペンレスト。下の一本用ペンレストに捺された「半」の文字がいいですね。しかも、ペンレストとして使用するときは肝心のこの文字がある面を下にして使う、という、半流をよくよく理解した造りになっております。何か馬鹿馬鹿しくて面白そうだなぁ、と思った皆さん、ここをよく見て、ご自分の行ける範囲で会合が開かれていないかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。関西圏の方ならば、ウソやろぉ、とツッコみを入れつつ、クソ暑い8月23日の京都、なんてのはいかがですか。

« 日曜日は、y.y.Day | トップページ | コウヤサン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039662

この記事へのトラックバック一覧です: y.y.Day 5th:

« 日曜日は、y.y.Day | トップページ | コウヤサン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31