フォト

最近のトラックバック

« ちょこっとたまる | トップページ | どんなんかんなぁ »

2014年7月 9日 (水)

near

7月20日は、第5回y.y.Day @ 大阪。少しだけ不便な場所ながら、わざわざ行ってみる値打ちはあります。萬年筆って何?というあなた、ぜひ、エル・おおさかへ。

20140706_232605

 すぐそばまで近寄っても、長女なら撮らせてもらえるという例。「ちち(仮名)」さんは写真嫌いというよりも、飼い主がカメラを構えている、そのこと自体が嫌なのかもしれません。しかしこの写真、完全に足の先にピントが来ていて、お顔の方が綺麗にボケ始めています。写真というのは持っているセンスなのだなぁ、ということを強く感じさせられます。

 台風が接近してくると、人々の口に「警報」という言葉が上り始めます。生徒たちは警報が発表されて休校になる、もしくは授業がなくなって途中で下校というのを心の底から期待していますから、雨風が強いときに校内放送の「ピンポンパンポン」なんて音を聞くと歓声を上げます。教師としても内心嬉しくないわけではないのですけれど、授業を進めたいという気持ちもけっこう強くて、できれば警報が発表されないことを願います。

20140710_065810

 コンビニエンスストアの商品入れ替え奉仕品ワゴンにあった即席麺。焼きそばのそばは蕎麦とは違うやろ・・・・・とツッコミを入れるつもりで手にしてみると、ちゃんと面にそば粉を入れてあるのですね。この辺、気になったので調べてみると、こんなページがみつかりました。以下、少し引用させていただきます。

 干しそばについては、日本農林規格(JAS)法に基づく「乾めん類の品質表示基準」にそば粉の配合割合による名称の使用の可否について、特段の規定は設けられていません。つまり、乾めん含量の95%が小麦粉で、たった5%のそば粉しか使われていなかったとしても、その製品を「そば」と呼んでも問題ないという規格です。蕎麦は”ざるそば”で頂くことが多いだけに、JAS法は”ざる法”だったというわけです。

 いやホンマ、誰がそんなウマイこと言えいうたんやっ、と悔し紛れにツッコみたくなります。元生地にもあります通り、その後法が改正されてはいますが、結局はそば粉が入っていれば蕎麦と名乗れるということのようです。

20140710_065810_2

 と、いうことで、これも試食してみたいところではありますが、体重が思うように落ちていかないので見送りです。糖尿病を患っていて調子よく体重が落ちていったらそれはそれで良くないのですが、やはりもう少し落としたいところですし、何より、冬服を着るシーズンになるまでに体のサイズを調節しておく、という大きな目的があります。

 この冬は、今まで着続けてきたスーツがそろそろ裂けそうです。安物なので生地がもたず、何度もクリーニングを繰り返していくうちに薄くなってきて、やがて着用中に「ビリッ」といくのです。すでにズボンなどはベルトで締め上げないとずり落ちるような状況なので、今のサイズで買い直すのは非現実的ですが、どうせならもう少し普通のサイズのもの、そこら辺に安くぶら下げてあるようなものを買いたいところです。ひょっとして、毎食、本物の蕎麦ばっかり食べていたら少しはやせる方向に行くものでしょうか。

« ちょこっとたまる | トップページ | どんなんかんなぁ »

コメント

8号の前評判が凄く、皆入れ込んで対策をしていたのですが、今日は1日比較的穏やかな天気でした。
肩透かし?いやいやこんなものは、それで上等ですね。

 すいどう さん

 当方も、今朝から時間割をいじくって、どうしても欠けては困る、という授業を午前中に持ってきたり、万が一警報発表となって生徒がいなくなったときに備えて明日に振り替えられるように準備したりと、結局は役に立たない仕事に2時間ほど費やしましたが、そういうエネルギーを使うと何も起こらないものですね。これを逆に行くと、いざというときに慌てふためくことになります。不思議なものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039651

この記事へのトラックバック一覧です: near:

« ちょこっとたまる | トップページ | どんなんかんなぁ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31