フォト

最近のトラックバック

« まともなツール | トップページ | 九度山・1 »

2014年6月28日 (土)

頭を抱える

当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140628_161715

 わぁ~っ、とか、ぎゃぁ~っ、とか、そういう声でも出ていそうな「くま(仮名)」さんですが、実際のところ、聞こえてくる声はにゃあにゃあというようなものばかりです。お腹を見せてひっくり返ると、こうやって顔のあたりを前脚でこすりながら、ごろんごろん、むにゃむにゃとやっております。犬のことですから、飼い主はじめ家族が喜んでいるのを知っていてやっているという線もありますけれど、その割には写真に撮らせてくれないのです。

1_2

 時間割でよく失敗しますので、今日はじっくりと研究・研修に励んでおりました。蟹沢先生はプロレスの先生で、2時間目に8年1組、3時間目に7年1組の授業を担当されます。このことを、81プロ、71プロと記述しておき、表の下の方、学級から見た時間割の方ではMATCH関数を使って「81」「71」で始まるセルを探し、そこに書かれている教科名を表示する、という仕組みです。

 しかしこの時間割、おかしなことになっています。2時間目の8年1組、蟹沢先生がプロレスの授業を、岡桃先生が英語の授業をする、ということになっているのに、学級から見た時間割にはプロレスだけが表示されています。また、海鮮学の左藤先生は、1時間目と3時間目に授業をされるはずなのですが、いずれも毛路先生の姓名学とかぶっています。左藤先生が教室へ行くと、生徒たちから「えっ? この時間は姓名学で『下の名前の調べ方』をやるんですよ。」と言われてしまうことでしょう。

 「91」ではじまるセルを上の方から探していって、最初に見つかったものを9年1組の時間割に表示する、という処理なので、時間割を変更したときなど、不要なものを削除し忘れたりすると間違いが起こるのです。同じ列に、同じ学級番号で始まるセルが複数ないかどうかのチェックをする必要があります。VBAが使えればちょいちょい、なのかもしれませんが、私には無理な話です。

2

 結局、1日中PCとにらめっこしていたのですが、それでも何をどうしたらいいのかわからずじまいでした。仕方がないので余白の部分に同じような表をコピーして、学級を表す部分だけを表示させ、同じ列の中にひとつしかないデータがあれば、そのセルをピンクで塗る、という条件付き書式でお茶を濁しています。この場合、黄色いセルにデータが入っているところをチェックすれば何とかなるのですが、スマートというところから最も遠いところにある解決策になってしまいました。何かいい方法があれば良いのですが、身近にはEXCELに熟達した使い手もおりませんし、正直、頭を抱えております。

« まともなツール | トップページ | 九度山・1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039640

この記事へのトラックバック一覧です: 頭を抱える:

« まともなツール | トップページ | 九度山・1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31