フォト

最近のトラックバック

« 消耗戦 | トップページ | まともなツール »

2014年6月26日 (木)

ヘンタイツール

当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140625_030353

 おいしそうにおやつをかじる「くま(仮名)」さん・・・・・と、ここまで書いてきて、異変に気がつきました。写真の上の方になにやら黒い影のようなものが写っています。よくよく見たら、何のことはない、開き切っていないカメラのレンズバリアが写り込んでいたのでした。普及価格帯のコンパクトデジタルカメラではよくあることで、そのうちに電源を入れてもバリアが開かなくなったりして、修理するぐらいだったら新しいのを・・・・・ということになるのでしょう。まさか計画的陳腐化ではないと思いますが、出費は抑えたいのでこのまま症状が進まないことを祈ります。

 クリスマスの窓、といったらわかってもらえるでしょうか。ノートPCの四角い液晶ディスプレイの四隅が、丸く、白くかすんでしまいました。まるで液晶が旧いブラウン管になったような感じで、画面全体に白っぽくかすんでいます。貴重なIBM印のThinkPad、できればこのまま使い続けたいところですが、USBポートの反応も鈍くなってきましたし、案外こちらの方がカメラより先に逝ってしまいそうな気もします。もしそうなったら、買い換えたいPCがないというのも辛いところです。

20140627_002720

 もしPCを買い換えるような事態になったら、英語キーボードは譲れませんし、できればIBM名物の真っ赤な乳首があると嬉しい。老眼ではありますが高解像度のディスプレイが欲しいし、持ち運びを考えると薄くて軽い、あるいは小さくて軽いのがいい・・・・・なんてことを言っていると、黒い魔軟件の表面3玄人か、赤い乳首の魅力でヘンタイキーボードのX1カーボンか。しかし、今のところどちらも決定打となり得ないのが辛いところです。

 で、悩んでいて決まらないので、とりあえずPCはおいといて、筆記具を買いました。日本国内の業者さんで扱っているところを見つけられなかったので、北米から。隣の芝は青く見える、という言葉がありますが、アメリカの緑の山に誘惑されてしまったのです。

20140627_003311

 黄色い胴軸の途中に見える小窓は水準器。胴軸そのものはものさしになっています。先端部の形状が微妙に違いますが、上が萬年筆、下がボールペンです。 お尻にはスタイラスもついていますが、これが実に変な感じで、触ってみるとブニョブニョです。そして、そのスタイラスを取り外すと、中にドライバービットが入っています。マルチツールな筆記具、なのです。

20140627_003138

 アメリカから送ってもらったので、ちゃんとメートル法の目盛りが突いていたので一安心。インチだとヘンタイっぽさがより一層増してしまいます。薄着になる季節、お出かけの際はこいつを胸ポケットに挿しておけば、たいていの事態に対応できそうです・・・・・が、残念ながらこいつは相当にごつくて重たいので、シャツの胸ポケットなんぞに挿すとシャツの方が痛みそうです。

20140627_003343

 萬年筆がラインナップされているというのも、メーカーがモンテヴェルデだからでしょうか。あと、 0.9ミリ芯を使うメカニカルペンシルもラインナップされていますが、あまり使いそうにないので今回はパスしました。しかし、シャープペンシルには消しゴムがついているので、ひとつ多機能だということになります。皆さんも1本いかがですか?

20140627_002836_2

« 消耗戦 | トップページ | まともなツール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039638

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンタイツール:

« 消耗戦 | トップページ | まともなツール »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30