フォト

最近のトラックバック

« 昭和50年頃 | トップページ | 安・近・短 »

2014年5月 5日 (月)

食べられるか

  当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140505_205107

 他人の餌鉢を恨めしそうに見ている「くま(仮名)」さん。このケージは「ちち(仮名)」さんのもので、餌鉢の中身はいずれ「ちち(仮名)」さんが食べるもの。残ってるんなら私に頂戴、っていうところなのでしょう。でも、手術を経て以前よりも太りやすい体質になっているはずの彼女には、あまり食べさせてはいけません。それでなくても、漫画に出てきそうなコロコロとした体型なのですから。

20140504_193502

 ふらりと奈良を訪れた青年が、特に目的はないけれどあちこち見て回りたい、と言うものですから、恒例の奈良遊び。例によって朝早く奈良を出発して、奈良公園近辺、そして太安万侶の墓と、ヘンタイ奈良観光の定番コースを回ります。その青年は某Dr.と同じく名古屋の人ですし、首から一眼レフを下げていましたので、早朝の奈良公園で鹿の写真を撮りませんかと水を向けたのですけれど、「股間を襲われずんば鹿を得ず」という故事をよく知っていて、車窓から鹿を見るだけに留めたあたりはさすがでした。

 室生寺から山道を通って佛隆寺というどシブいルートを経て、ようやく吉野へたどり着き、温かい時期しか営業していない大滝茶屋へ。しかし、間の悪いことに私たちの直前に観光バスが止まり、その乗客がありったけの柿の葉寿司を買いあさってしまったのでした。かの入江泰吉先生が唯一食されたのがここの柿の葉寿司、ということで、それじゃぁ作っておいてくださいねとお願いして、大滝ダムを見学して時間を潰します。

20140504_193639

 季節柄もあるのか、とっても鮮やかな柿の葉に包まれたお寿司。バランで区切られているのは、鯖と鮭の境界線をはっきりさせるためでしょう。私自身は柿の葉寿司って鯖に決まってるだろう、と思っていますけれど、残念ながら我が家にも鮭の乗った柿の葉寿司を好む者がいるのです。

 大滝茶屋の柿の葉すしは、人によっては奈良県で一番、などとも言います。生駒にあった柿吉さんが廃業された今となっては、確かにそうかもしれません。その日に食べてしまうのが勿体ない、そういう味です。

20140504_193705

 作られたその日に食べるのももちろんおいしいのですけれど、柿の葉寿司を食べるなら作られた日の翌日、あるいはもう一日待って、というのがいいと思います。けれど、3日もおいておくと、今度は鯖の脂か何かでご飯の方が黄色くなってきますし、固くもなります。作られた次の日、カレーと一緒、と覚えておきましょう。

 子どもの頃、夏休みと言えば田舎。田舎で祖母が作る柿の葉寿司は絶品でした。村内で誰も真似できないというほど、薄く鯖をそぐことのできた祖母。酢飯をさまして俵型のおにぎりをつくり、そこにそいだ鯖をのせます。それを柿の葉に包んで木箱に入れ、フタをして重しをのせるのですが、子どもがいるからというのでお寿司は大量に作って、箱に入らない分はそのままお皿にのせて「どうぞ」となります。この、まだ温かい柿の葉寿司、これまた絶品で、自分の家で作る人しか味わえない貴重なものなのです。

20140505_123039

 大滝茶屋から吉野山へ向かう道中、這っているのかと思うほど遅いR32スカイラインを発見して、こりゃ難儀だと思っていたら脇へよけてくれたので追い越し。その直後のカーヴで、キュルキュルとファンベルトが滑るような音がしたのですが、あぁ路肩の白線の上を走ったからだろう、と気楽なことを言っておりました。で、吉野山はさすがにゴールデンウィークらしく山内歩行者天国。仕方なく、下千本入口の大駐車場に駐めて歩くか、となったときに、駐車場のおじさんがパンクしてまっせと教えてくれたのでした。

20140505_123045 こちら、10年以上トランクの下に吊られたままになっていたスペアタイヤ。私の車は4WDなので、標準装着のものと同じ銘柄、サイズのタイヤがついてきていたのです。スペアタイヤの外し方すら、取扱説明書を見なければすぐにはわからないような状態。加えて、陽気のせいで柔らかくなったアスファルトにめり込んでタイヤ交換中にジャッキが倒れるというトラブルまで発生しました。ほこりまみれの鉄ホイールに組まれたスペアタイヤ。多くの場合、一度もオーナーに手を触れられることなく、酷いときは未使用のまま捨てられてしまうものなのですが、これがあったおかげで無事に吉野山から帰ってくることができたのです。

20140504_193532

 ここはひとつ、吉野山で一番パンチの効いた「やっこ」さんの柿の葉寿司でも買って帰るか、と思っていたのですが、タイヤ交換をしなければなりませんので、吉野山観光は青年一人にお任せして、駐車場そばのおみせで柿の葉寿司を求めました。人出の多い季節でなければ営業されていないお店ですし、それはそれで良かったと思いますが、こちらのお寿司は当日に食べるべきタイプでした。翌日になるとご飯が固くなるのです。

20140504_194000

 鯖そのものは寒い時期がおいしいのでしょうけれど、柿の葉寿司はこれからがシーズン。本来、夏のお祭りの頃にたべるご馳走、という位置づけです。今年もまた、あちこちの柿の葉寿司を食べ比べてみたいものです。

 しかし、その前に、和歌山のなれ寿司を食べなくてはいけません。冬場に食べた経験はありますが、あまりにも匂いがきついので7月、8月は販売しない、というものを5月に食べようというのですから、果たしてどうなるのか、慣れている私でも心配です。参加予定の皆さん、心してかかりましょう。

« 昭和50年頃 | トップページ | 安・近・短 »

コメント

柿の葉寿司、残った分を翌日食べましたら、
落ち着いて、とてもおいしく食べることができました。
不思議なものですね、おいておくといいというのは。
ありがとうございました。

奈良に、また行かないと、、。

 闇船 さん

 以前あった、奈良で一番とも言われた柿の葉寿司の
お店は、お昼過ぎにはよく売り切れになっていました。

 残念そうにするお客に、「明日の分なら」と売って
くださることでも知られていたのです。基本的に、
作ってすぐ食べるモンではない、ということですね。

なれ寿司も昔は各家庭で作られたものですが、最近はどうなんでしょう。はやなれというタイプしか売っていないのではと思いますが、柿の葉寿司に似た感触のものです。
本来のなれ寿司は、まさしくチーズのような匂いのきついもので、当方でもあまり食べたことはありません。

くーぺ さん

さて、困りました。地元の人もあまり食べたことのない本なれに挑戦しようとしているなんて。

世の中には、普通の柿の葉寿司ですら食べられない、という人も結構いますしね。

なんと!素晴らしいルートです。流石。

 しげお兄さん

 そういえば、よぉくご存じの道中ですね。室生寺と佛隆寺とを結ぶ林道に青年を置き去りにしようとして失敗しました。ホントにその林道をハイキングしている人もいましたが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039586

この記事へのトラックバック一覧です: 食べられるか:

« 昭和50年頃 | トップページ | 安・近・短 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30