フォト

最近のトラックバック

« まっすぐ | トップページ | たいして笑えない »

2014年4月24日 (木)

創立記念日

  当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140423_233945

 昨日の記事のタイトル、「まっすぐ」はこの写真のためにとっておいた方がよかったのかもしれません。実にきれいに、給水パイプと一直線になっている「ちち(仮名)」さん。先住犬があとから来た犬にいろんなことを教えると言われますが、それは昔の職人の世界みたいな教え方ではないかと思います。先住犬にとって不愉快なことは文字通り「だめ」と教えるのでしょうけれど、その家での過ごし方、暮らしぶりというものは、あとから来た犬が先住犬を見て「盗む」ものなのでしょう。彼女を見ていると、そう思わざるを得ません。

20140424_231800

 今日は創立記念日なので、生徒たちはお休みです。教員は勤務するのが基本ですが、休暇を届け出て休むことも可能でしたので、思い切ってお休みをもらいました。午前中は自宅のPCでお仕事。休んで何やってるんだろうと疑問を感じつつ、20代から30代にかけて勤めさせていただき、今は次男がお世話になっている学校にお邪魔して、かねてから懸案となっていた所用を片付け、懐かしい先生方ともしばし歓談したところでお昼。こんなときこそ、ということで、ちょっと都会の文房具屋さんをのぞきに行ってみました。かつてのバブルを思い出させてくれる豪勢なビル、堂島AVANZAにテナントとして入っている文房具屋さんが気になっていたので、久々に訪ねてみたのですが、売り場が縮小されてリニューアルオープンしたところでした。さっそく、普通のでも何も困らないのに、いちびってこんなガチャダマを買います。

20140424_231902

 動植物やお星様などを形取ったクリップを使うと、書類を渡した相手が気を遣ってクリップだけ返しに来てくれる、ということが良く起こるので、変なクリップが使いたければこういう色つきぐらいにしておくのが無難です。色とりどりのクリップに画鋲、輪ゴムがセットになったものが売られていて、思わずカゴに入れてしまいましたが、クリップも輪ゴムもアメリカンサイズでしたので冷静に考えて棚に戻しました。やはり文房具は実用性が第一です。

20140424_232521

 でも、こういうクリップも楽しいし、変なので良い、となってしまいます。ブタ、キノコ、てんとう虫、そしてワンコと4種類もある!(と思った)ので、4種類すべてをカゴへ。キノコとかてんとう虫とかを最初に使い、ここぞというところでブタやワンコを使うぞ、と思っていたのですが、ワンコと思っていたのは老眼の哀しさ、実はニャンコだったのでした。

 

 いや、これはやっぱりワンコだ、と言い張ってもよい形をしてはいるのですけれど、とってもとっても残念なことに、胸元に鈴のような形をしたものがついているのです。ですので、残念ですがこれはやっぱりニャンコです。

20140424_233018

 このクリップの良いところは、捨てるときには紙として扱うことができるということでしょう。このままシュレッダーにかけたら、できたシュレッダーダストを再生紙の原料にするときに困らないのだろうか、なんてことを考えましたが、全体の中に占める量は微々たるものですから、金属性のクリップをつけたまま放り込まれてシュレッダーの刃に負担がかかるよりはマシなんだろうな、などとも思います。いやいやいや、一番いいのは、きちんと外すこと。ものを捨てるときには分別する、それが分別ある大人の行動です。

20140424_232903

 これは妻に進呈しなくてはなりますまい。ピンクだけではなく、白、黄色、青、緑、橙の6色、それぞれ3個ずつ入ってますので18個入り、です。どこか出してるんだろう、と思ってパッケージを裏返すと、例によって例のごとく、あそこでした。上代にして数百円の商売ですけれど、気合いが入ってます。だからこそ、文房具趣味はやめられないのです。

 夕方、そろそろ日が傾きかけるころになって、ようやく職場に到着すると、今年赴任した先生が使うためのPCが届いていました。机の裏に隠れたハブにイーサネットケーブルをつなぎ、電源も取らなければなりません。床にあるポップアップ式のコンセントやLAN接続口が邪魔になっているために、職員の机の配置がいびつになっており、これも是正して欲しいという声を聞いていたので、人がほとんどいないのをよいことにさっそく作業に取りかかります。

20140424_233058_2

 職員室に並ぶ事務机は一見どれも同じように見えますが、最初の頃に導入されたものと最近導入されたものとでは天板の奥行きに10センチの差があります。サイズの違う机を横に並べる際、手前側を揃えて並べると奥に隙間が空きます。ここにものを落とすと回収するのが厄介だ、という人がいたので、その「穴」の部分にはめ込む机と同じ高さの台を作ることにしました。木工室の近くに積み上げられていた端材の中から適当なものを見繕って自動かんな盤できれいに削り、それを3枚イモはぎして、幅20センチ、長さ1メートルの天板を作りました。あとはこれにしっかりとした脚をつけ、倒れないようにしっかりとヌキを入れれば完成ですが、欲しい長さのコーススレッドがなかったので午後7時にて作業中断。接合部をボンドで接着して一晩寝かせることにして、夜の9時まで営業しているホームセンターへ。休日だったのか何だったのか、よくわからないけれどそれなりに充実した一日はこうして幕を閉じたのでした。

20140423_233940

« まっすぐ | トップページ | たいして笑えない »

コメント

このクリップ、ワンコも居ますよ!
http://www.midori-store.net/SHOP/43297006.html

これ、本当に秀逸です。
付けたり外したりがスムーズで手放せません。

さすがに手先が器用ですねぇ。
ウチの職場も、購入時期がまちまちな机のため、凸凹があったりします。また、様々な配線が露出配線されており、机の後ろはカオスな空間です。
いっそ出面をそろえて とも思うのですが、隙間が出来るのが嫌で仕方ないのです。
つきみそう先生のような方が一人でもいればなぁ、、、

 大阪のオバチャン さん

 あぁ、やっぱり・・・。

 悪い予感はしていたのです。そんな、4種類しかないはずがないと。だから、あえてWebページなども調べずにいたのです。なのに、なのに・・・こんなにいっぱい種類があるなんて。

 ここは腹を決め、腰を据えて、全種類使いまくろうかな。

 きくぞう さん

 一時期、奥行き80センチの机が主流になりましたけれど、ノートPCや液晶ディスプレイの一般化に伴い、昨今は奥行き70センチが主流のようです。たった10センチですけれど、その効果は絶大。モノを落とさなくなったことよりも、机の上が広くなったことを喜んでもらえました。

 しかし、よいことばかりではありません。そんな大物作れるんなら、机の上のノートPCを押し込めてその上に本棚とかも置ける、そういう「台」を作って欲しいという要望が何件も寄せられております。今年のGWは木工三昧になりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039575

この記事へのトラックバック一覧です: 創立記念日:

« まっすぐ | トップページ | たいして笑えない »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31