フォト

最近のトラックバック

« カッパー | トップページ | 資料の整理 »

2014年4月12日 (土)

この違いは・・・

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140409_214256

 土曜日と日曜日は、ワンコたちにとっても雰囲気が違うようです。公立の学校で土曜日がすべてお休み、となったのは、今を去ること12年前、平成14年度からのこと。かつて週6日制だった公立学校ですが、平成4年度の2学期からは第2土曜日が、さらに平成7年度からは第4土曜日が休業日となって、お休みではない土曜日は、労働者である教員にとっては建前上「休日出勤」扱いとなって、その分を夏休みなどに「必ず休む」ことが義務づけられていました。

 何だかんだ理由をつけても、日本人は働き過ぎ、ワーカホリックなどと外から非難されたのを受けて、公務員や公立学校の教員の(書類上の)労働時間を週40時間以内にする、ということが第一の目的であって、そうすれば子どもたちにゆとりがうまれて云々、というのは後付けの理由に過ぎない、と、その当時教育現場にいる教員は皆思っていたのです。

 けれども、当時、子育て真っ最中で子どもたちを保育園に預けていた私にとって、この土曜がお休みというのは本当にありがたいものでした。子どもというものは、保育園に預けていると水曜日あたりから体調が下り坂になってくるものです。木曜には鼻水が出てきて、悪くすると金曜には熱を出します。土曜日のお昼過ぎ、誰もいない保育室でポツンとお迎えを待っている我が子を引き取るまで、毎日が祈りの連続だったのです。

20140412_233146

 萬年筆研究会の地方大会などを土曜ではなく日曜開催にして欲しい、という声も少なからずあるようです。まだまだ、土曜はお仕事だよ、という人も多いということなのでしょう。かくいう私も、スーパーで安いお弁当を買いこんで、職場へ向かいました。私の場合、お昼ご飯は食べないのが普通なのですけれど、この場合はやけ食いでしょうか。いいお天気の土曜の午後、体育館でバレーボール部の練習試合におつきあいをするのです。あぁ、今ごろ松山ではみんなしてトンカツパフェかなぁ、なんて思いながら。

 部員たちはみんな真面目で前向きで、バレーボールの腕前も上位にランクされる子ばかりですし、なおかつ礼儀正しくて、私のようなバレーボールは何点とったら勝ちなのか、どうしたら点数が入るのかも知らないようなオッサンにも頭を下げてくれるのです。だからこそ、余計に辛いのです。この子らが活動できるように、そのために休日出勤しているつもりだけれど、こんな自分、なんかの役に立ってるのだろうか、と。現状、我が校にはバレーボール部に技術的な指導をしてやれる教員がいないのです。なので、せめて練習だけでもできるように、誰か教員が来て学校施設を解錠し、練習中は不測の事態に備えて見守り、最後は施錠して帰る、ということをしてやらなければなりません。

20140412_234453

 生徒たちが練習している間、何の指示もできませんし、一緒にボールに触るなんてこともできないので、生徒の近くで書類の整理をしたり、いろんな原稿を書いたりということをして時間を過ごすこともあります。これを職員室でやると、もし生徒が怪我をしたりしたときにすぐ対応できませんから、生徒の近くには最低限いるようにしているわけです。でも、屋外競技の場合などは本当にただ見ているだけしかできないので、その点は昨年度のサッカー部顧問よりマシ、ということになるのかもしれません。

 やりたくはないけれど、誰かがやらないといけない。やればある程度は喜んでもらえる。写真はiPhoneで走るカウントダウン型時刻表アプリ、駅Lockyですが、これの時刻表データを作るのもやはり同じことです。今日は、練習が始まるまでの時間と生徒たちが帰ったあとの時間を活用して、なぜか愛知環状鉄道のデータを入力しておりました。これまでに乗ったことのない路線ですし、この先もおそらく乗ることはないでしょう。ま、欲しいという人がいるから作ってみましたが、できることなら、こうやってデータを作る人がもっと増えてくれればと思います。

 部活動の練習に付き合うのも、時刻表アプリ用のデータを作るのも、「やだ、やらない!」と言ってしまえば済む話です。誰からも強制されることはありませんし、やったからといって何らかの見返りがあるわけでもありません。1線区の時刻表データを作り上げるのにかかる時間が半日。運動部の練習に付き合うのも半日。同じ半日なのに、運動部に付き合っているときは苦痛でしかなく、「時間が勿体ないなぁ・・・・・」などと感じてしまう、やっぱり私は教師失格なのかもしれません。

« カッパー | トップページ | 資料の整理 »

コメント

小生も、本日の午後は部活でした。生徒がよくできていて専門家の外部コーチまで来られるので「せめて球拾いでも」とピンポン球を拾い始めると、3年生にやんわりと叱られます。ところで、先週金曜日に「本務」で出張したら、説明が下手で「姉上」が困惑の表情。LAMYを取り出したら、「世の中にはボールペンもあるのに」と言い出す始末。差し出したUSBでは不足だったようです。説明会の後、市の担当者になにやらお話しになろうとしたので、おいやんは逃げ出しました。いつでも、ご相談はメールなどにて賜ります。

 おいやん さん

 姉上のような方が、エレガントに萬年筆を使われるときっと映えますよ、といつも申し上げているのですけれど。

 いや、今の世の中ではスポーツができることこそ正義。運動音痴な私などは存在意義すらないのでしょう。そうそう、現在の私の「本務」である進路指導主事という職も、余所で名乗ると恥ずかしい・・・という職でした。こういうのを民間企業では窓際族というのでしょうね。

愛環!懐かしいです。
私は滅多に乗らなかったですけれど、なぜ愛環なのか気になるところです。

 闇船 さん

 愛知環状鉄道、これが一体どのあたりを走っているのかさえ、私にはよくわかっておりません。

 駅LockyのWebサイトにある掲示板を見ていると、実に面白いです。ユーザが自分で使うために作成したデータを、他の人も使ってくれてかまいません、とアップロードしているのですが、「ダイヤ改正してるんだから、早く作ってアップしろ!」と堂々と要求する、勘違いも甚だしい人がいっぱいいるのです。

 アホかっ、と言ってもすっきりしないので、黙ってデータを作ってアップしてあげるのです。いつの日か、勘違いに気付くのかな。周りの人に笑われてるのかな、なんて思いつつ・・・・・あ、性格が闇だっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039563

この記事へのトラックバック一覧です: この違いは・・・:

« カッパー | トップページ | 資料の整理 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31