フォト

最近のトラックバック

« 甘える | トップページ | 全国調査 »

2014年4月21日 (月)

かわ

  当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140420_072127

 けっこう大きめのカラーをつけられて、ストレスがたまりまくっている「くま(仮名)」さん。一方の飼い主は、新学期の忙しさも何のその、けっこう元気に過ごしています。私の職場に優秀な人が揃っていて、新卒の教員ですら私よりもよほど仕事が出来るという状態。職場では周りの足を引っ張りまくりですので、昨年はそれが原因でずっとプチ鬱でした。けれど、慣れとは恐ろしいもので、今のところ、恥ずかしいのも知らん顔、とりあえず前向きにいろいろやろう、と思えるところまで回復しているように思えます。この歳になって頑張ったところで、できないことはできません。文句があるなら私を配属した教育委員会に言うてくれ、というぐらいの気持ちで開き直ってしまえば、無責任ではありますが、とっても楽になれるものです。

20140422_001433

 毛を剃られてむき出しになった肌に、丹下のオッサンよりもエグい縫い目。そんな「くま(仮名)」さんのお腹を見ていて、なぜか、革巻き萬年筆を探してみました。PLAYBOYブランドの鉄ペン、真っ白な軸がきれいだと妻が言うので手に入れた1本を練習台にして巻いてみたもの。同じPLAYBOYブランドでプラチナが製造したペンも並べてみました。そういえば、日本版のPLAYBOYが休刊になってもう5年も経つのですね。そう遠くない将来、ウサギの頭のロゴを見ても、これ何?っていう人の方が多くなるのでしょうか、あるいは国際化が進んでいるのでそういうことにはならないのでしょうか。

20140422_001501_2

 プラチナ萬年筆ベースのPLAYBOY萬年筆は、他にも欲しがる人がいっぱいいる中、「彫ってある名前があなたと同じだから」ということで二右衛門マスターに頂戴したものです。ありふれた名字ですので、こういうおいしい目に遭うとは思ってもみませんでしたが、二右衛門マスターより拝領のペンとしては実にまともなものです。マスターから拝領したり、譲っていただいたりしたペンは他にもあるのですが、まぁ普通の人が持っていても不思議でない、というのはこれだけです。もう一本、比較的普通のシェーファーがあったのですが、これは名古屋の新進気鋭、萬年筆趣味界を闇の力で支配しようと企んでいるという噂(噂どころではない、ともいいますが・・・・・)のある若い人に進呈してしまいました。

20140422_001516

 ル・ボナー社長ボンジョルノ氏の指導がすばらしかったこともあり、超不器用な私が巻いたにしてはけっこうきれいに仕上がっています。この革は当時、同店でもデビューしたばかりのもので、国内でなめされた革ということでも話題になっていたものです。この革の、この色のポーチ・ピッコロを買おうかな、なんて思っていたのですが、目の前で某会長がすっとお買い上げになったので、じゃ、また別の革で作られたときに・・・・・と思ってそのままになっています。考えてみれば、私のような横着な人間がポーチなんぞ持ち歩くはずもないので、買わなくて正解なのかもしれません。

20140422_001539

« 甘える | トップページ | 全国調査 »

コメント

おおっと!
最近パタパタして見れなかったのですが、またもや闇が!
噂だけで収めてください(笑)
頂いたシェーファーは、きちんと保管してあります。いやこれもどうかと思うのですが、ペンポイントを再溶着して以来、なかなか怖くて使えなくてですね、、。

 闇船 さん

 えっ・・・ただの噂に過ぎなかったんですか?

 あのシェーファー、元の状態で味のある書き味(変な日本語)だったのですが、リチップしてどうなったのか興味がありますね。ガンガン使いましょう。そして、世界征服!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039572

この記事へのトラックバック一覧です: かわ:

« 甘える | トップページ | 全国調査 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30