フォト

最近のトラックバック

« いかにも半にも | トップページ | 小さきもの »

2014年3月10日 (月)

きれいに

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないなと諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140311_065417_hdr

 身繕いをしていた「くま(仮名)」さんなのですが、その姿が可愛らしいからとカメラを向けると、こうして「お鼻大事大事」のポーズをとって寝てしまいました。写真を撮られるのは本当に嫌いなようです。数ある犬種の中でも柴犬は特にきれい好きだと言われます。ヒマさえあれば体のあちこちをなめ回しております。犬としては、きれいにしていることになるのでしょうけれど、飼う側としてはそれをやられるとどんどん犬が臭くなる、という難儀なことでもあります。

20140310_201101

 ながいこと中学校で勤めていると、あることに気付きます。ほとんどの同僚は、1年生から2年生、そして3年生へと順番に担当していくというサイクルを繰り返しているのです。けれども私などは、30年もこの仕事をやっていながら、1年生から3年生まで連続して担当したことは1回しかありません。3年生ばっかり何年か連続で、ということが非常に多くて、長いことやっている割には、3年生以外のことをあまり知らないのです。

 その3年生担当者は、卒業式が近づいてくるとこの機械を使って「判押し」をします。妖しい萬年筆を買おうかどうしようか迷っている人に、是非買うべきだとすすめる「半推し」とは違います。「半推し」は無責任かつ楽しいものですけれど、「判押し」は心身共に疲れる、できればやらずに済ませたい作業です。

20140310_201153

 教育委員会事務局から配付された卒業証書の用紙に、生徒の氏名や生年月日などを筆耕してもらい、そこに校長印や卒業生台帳との割り印などを押していきます。なかでも気をつかうのが、「飾り判」などとも言われる一辺4~5センチの大きな判を押す作業で、歪むと目立ちますし、印面に均一に朱肉をつけてきれいに仕上げるにはかなりの修練を要します。

 その作業を少しでも楽に、そして正確にするための機械がこれなのですが、実際にはそうそううまくはいきません。よく考えられた機械ではありますけれど、使いこなすにはこれまた相当の修練が必要となるのです。

20140310_201239_hdr

 アームに取り付けられたこの部分にでっかいはんこを固定して、てこの原理で楽に押す,というものなのですが、まずここにはんこを固定するのが難しく、できたとしても判を押す作業を続けていくうちにズレてくるなど、一筋縄ではいきません。特にこの写真のタイプ、私は初体験なので苦戦しております。これまで慣れ親しんだものは、はんこを四角い枠に入れて、その枠をここに取り付けるタイプでしたので、いったん取り付けてしまうとズレることはなかったのです。対応できるはんこのタイプが多い分、こいつは上級者向きです。

 それでも、今はスタンプ台タイプの朱肉を使うだけまだ楽なのです。その昔は、使う前に油を入れて練らなければならない、文字通りの朱肉を使っておりました。それだと判をきれいに押すことができても、1ヶ月近く乾かしておかなければならないので、もっと大変です。

20140310_201303_hdr

 初めて3年生を担当したときは、まず新聞紙を何枚も敷いた上にタオルを置き、その上に卒業証書を載せて、練った朱肉で判を押しました。このとき、はんこを証書にぐっと押しつけたまま、別の人がタオルを引き抜くのです。これが実に大変な肉体労働なのですが、卒業証書の裏側からこするわけですから、できあがった証書ははんこの部分がぐっと盛り上がって、実に見事な仕上がりになります。200人ほどの証書に判を押すのに、タオルが10枚以上必要でした。クラスの半分ほどもやらないうちに破れてしまうからです。そんな作業は過去の物語になりましたが、いまだに大変なのがこの「判押し」。これが終わると、あとは生徒を送り出すだけです。

« いかにも半にも | トップページ | 小さきもの »

コメント

私のようなぶきっちょには、判押しの作業は出来そうにもありませんが、横で見てみたいなあという気持ちになる作業です。
油で練った朱肉、それで判を押した卒業証書は見てみたいですね!

 関船 さん

 不器用なことでは私だって誰にも負けませんので、判押しの作業は本当に大変です。この生徒はいつも頑張っているからきれいに押してあげたいな、なんて思うと決まって失敗したりするのも、毎年のことなのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039530

この記事へのトラックバック一覧です: きれいに:

« いかにも半にも | トップページ | 小さきもの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30