フォト

最近のトラックバック

« 毎年更新 | トップページ | 老萬年筆と石 »

2014年2月 8日 (土)

雪の日に煮干し

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

1

 別に恥ずかしくてこうしているわけではないのでしょうけれど、飼い主もできればこんな風に顔を隠して毎日を過ごしたい、そう思っているのかもしれません。仕事とか、人間関係とか、そういうことで悩んでどよ~んと暗く沈んでいても、楽しいことや興味のあることにはたいへんに積極的にとりくみ、別人のように楽しそうにしている、というのが飼い主の実情です。

 仕事でも私生活でも、毎日いろいろとミスをしては、トイレなど自分一人だけになれる場所で顔や頭を殴りつつ、「死ね、ボケ。」と己を呪いますが、本当に死ぬ勇気なんてあるわけもないので、単に面倒くさいなぁ、嫌だなぁと感じているだけのことなのでしょう。もう少し、しゃんとして生きなければと思うのですが、どうにもパワーが出ません。

Img

 大雪が予想されるから急な用事のない人はできるだけで歩かないように、などと言われているのに、いそいそと名古屋まで出かけていくという異常さ。仕事やそのほか、普通の人間生活で大切とされることにはまったく気が向かないのに、自分が楽しいと思うことには存分にパワーが出てくるという、身勝手きわまりない私なのです。

 名古屋駅太閤口を出てこのお店に到着するまで、案の定、方向音痴な私は遠回りをしてしまいました。それでも何とかたどり着いて、まだ開店祝いのお花が飾られている店内で、ラーメンができあがるまで、まずは白ご飯をいただきます。本日用意されていたお漬け物は何と柴漬け!おいしく炊けているご飯と絶妙にマッチして、ラーメン入るのかいなというほどパクパクといただいてしまいました。

20140208_134625

 こちら、標準の煮干しラーメンに煮卵を追加した状態です。大須のお店と比べると、どろりと粘度高めのスープが特徴的です。ロクに味がわからない私でも、両者の違いははっきりとわかりました。あと、麺の太さも、大須のお店の細い麺よりは太く、太い麺よりは細いものでしたが、基本的に細い麺が好きな私でも、これまたおいしくツルツルといただいてしまいました。なので、かんじんの麺を箸で引き上げての撮影、忘れてしまったので写真がありません。

20140208_134249

 店内のあちこちに、以下に煮干しが優れた食品であるか、ということが書かれた紙が張り出されていますし、たまたま空いていて座った席の正面にもこんなものが置かれていました。場所も覚えましたので、今度名古屋へ行くときにはまたお邪魔したいと思います。できれば、夜の営業時間にだけ出されるという「特製ラーメン(時価!)」なんてものを食べてみたいと思うのですが、さて、いつ実現するのでしょうか。何よりもまず、普通の生活をしっかりと送る、そちらの方に力を入れなければならないと思いつつ、ついズルズルと安楽な方へばかり流れてしまう自分をシバいてやらなくてはなりませんね。

« 毎年更新 | トップページ | 老萬年筆と石 »

コメント

こちらの方は雪どころか快晴でした。寒さは結構なものでしたが..。
この土日は仕事で休みなしでした。根性なしなので、今週の仕事に耐えられるかわかりませんが、それでも週末の博多に向けて何とか仕事を前倒ししなくては!と気合いを入れています。
お互い楽しい事がパワーになるようにしたいものですね。

 すいどう さん

 今週末はWAGNER、と思うと確かに気合いが入りますね。遠方の大会に向けて宿までおさえて、その後から今度の週末、空いてる?なんて部活動の相談をされると、本当にガックリきます。

マニアックならーめん屋にマニアックな方は共食いでは?と思いながら、やはり嬉しい。ありがとう御座います、私的にはこちらはつけ麺の方が出るであろうとお薦めですが、この頃の寒さかららーめんの方に軍配が上がったようです。次なる仕掛けはスイーツだと周囲の反対をよそにまだ来ぬ春の空を仰いでおります。どうぞ寒さに懲りずまた名古屋においで下さいませ・・感謝

 つきみそう

 ラーメンは文句なしにおいしいです。空腹で
お店に突入したせいでしょうか、柴漬けでいた
だくご飯がおいしすぎてラーメン忘れそうに
なりました。

 この次はつけ麺いただきに参ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039500

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日に煮干し:

« 毎年更新 | トップページ | 老萬年筆と石 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30