フォト

最近のトラックバック

« 「春」 | トップページ | パチもんどうし »

2014年2月20日 (木)

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20140216_124241

 本日のタイトルからはほど遠いお姿の「くま(仮名)」さん。オオカミから飼い慣らされて我々の友となったワンコの中でも、柴犬はオオカミの遺伝子を最も色濃く引き継いでいる犬種なのだとか。そんなウソや、こんな寝てばっかりおるオオカミがあるかいな・・・・・とか思っていると、突然すくっと起き上がって玄関の方を向き、雄々しく吠え始めたりするのです。あ、彼女は女の子ですけれども・・・・・。

 授業が始まる時間に教室へ行き、生徒が席に着いていなかったりすると、私は良く言うのです。皆さんも私も普通の人間ですけれど、教室の中では生徒と先生。皆さんは生徒の役をして、私は先生の役を演じます。自宅ではテレビの前に寝転がって鼻くそほじくりながら馬鹿笑いしていたとしても、生徒の前では「先生」なので、自分のことを棚に上げても立派なことを言うわけです。さぁ、お互いしっかりやりましょう・・・・・と。

20140220_194641

 今日は事情により、まだ午後8時過ぎだというのに学校を出てしまいました。こんなことを続けていると、きっとその反動が来ます。この週末は家でゆっくり寝ていられない忙しいものになるやろうなぁ・・・・・と考えながら、同僚に挨拶をして職員室を出ようとしたそのとき、これが目に飛び込んできたのです。毎日Blogを更新するためにはそれだけの引き出しが必要ですが、私のような奥行きの浅い人間には相当にキツい話です。なので、こういうものを見つけたら、とりあえずパチリ、です。私ごとき者でも携帯電話でこの品質の写真が撮れるのですから、実にありがたい世の中になったものです。

 で、家に帰って、今日は寝てはならん、ということで得意のこたつむりを封印して、ダイニングテーブルの上に資料とPCを広げてテスト問題の作成です。技術・家庭科の問題を3学年分と、社会科の問題を1学年分。合計で4つの問題を作らなければなりません。前回、同じようなパターンとなった1学期末には、目の下にタイガーバームを擦り込みながら試験当日の明け方まで粘ってようやく完成させられたという、なんとも情けない大記録を打ち立てましたので、今回こそは早めに完成させたいものです。

20140220_194705

 きちんとした優秀な先生であれば、授業を終えたら頭の中に問題ができあがっている、あるいは問題ができていて、それを意識しながら授業を進める、という感じになるものです。これこそ指導と評価の一体化、というやつです。生徒にこんな力をつけさせたい、だからこういう授業をして、それを確かめるために、あるいは補強するためにこういう問題をテストとして課す、というような全体計画ができあがっているようでなければいけません。私のように、毎日毎日ひぃひぃ言いながら何とか乗りきっている、なんていうのは論外なのです。

 仕事をしている間に、何となく垂れ流していたケーブルTVでは、「女王の教室」をやっておりました。まさに理想的な教師像と思いますが、24人の生徒を受け持っているという、現実より相当に恵まれた条件であっても、あれは実現不可能です。ただ、そのコンセプトというか、志というか、そういうものは「あり」だなぁ、と思いながらチラ見しておりました。いわゆる学園もののドラマは嘘くさいものばっかりで大嫌いなのですが、これはまぁ、いいかな、と。

20140220_194647

 このドラマの中で、主人公が、公立学校の教師であることにこだわりたいという意味のことを言います。いろいろな格差があって、子どもたちも様々。選ばれた子どもたちが通う私立の学校と違ってとてもやりにくいのだけれども、そこでやっていくことこそがやりがいというモンではないのか、なんてことを言ってました。実際には私立の先生にも、選ばれた生徒を更に磨き上げなければならないという苦労があるわけですから、どちらがどうだと一概には言えませんが、お?どこかで聞いたことのあるような台詞だ・・・・・と耳に引っかかったのです。

 大昔、まだ中学生だった頃、毎日毎日遅く帰ってきて、どう見てもしんどい仕事をしているとしか思えない父に、「どうせやったら中学より高校の先生の方がええんとちゃうの?」なんてことを聞いたときのことです。高校の先生の方が給料も良く、指導に従わない生徒は退学にできるじゃないか、ってなことを言ったように思います。そのとき、父が私に答えてくれた中身が、まさにこのドラマの主人公が言っているのと同じことでした。

 毎日、遅くまで教材作りに励んでいた父。その父が病に倒れたのと歳こそ同じになりましたけれど、並ぶどころか追いつくことすらできていない私は、今日もくたびれて寝てしまうのでした。

« 「春」 | トップページ | パチもんどうし »

コメント

自分の子どもには、学校は勉強するところじゃなくて、勉強の仕方を身に付けるところだ、と言っています。社会に出れば先生の様に懇切丁寧に教えてくれる人はいない。自分にとってどんな方法が一番身に付き易いかを試す場なんだよ..と伝えているつもりなのですがこれがなかなか(笑)。

 すいどう さん

 私もそう思っていたのですが世間様はそうは思っていないのかもしれません。余計なことはどうでもいいので、テストに出るところだけしっかり教えてほしい、と保護者会のたびに苦情が来るそうです。
 新年度からはしっかりとマシンになろう、と心に決めています。できるかなぁ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65039512

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 「春」 | トップページ | パチもんどうし »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31